TODAY'S HOT
  • 1999年7月22日 ローズ(横浜)が1試合最多打点セ・リーグタイ記録(=10)を達成。 (vs.ヤクルト)
  • 2002年7月22日 小坂誠(ロッテ)が通算200盗塁を達成。 (vs.オリックス)
  • 2008年7月22日 細川亨(西武)が1イニング最多得点(=2)を達成。 (vs.楽天)
  • 1992年7月22日 Happy Birthday!! 三ツ間卓也(中日) 27歳
  • 2008年7月22日 中村剛也(西武)が1イニング最多得点(=2)を達成。 (vs.楽天)
  • 1989年7月22日 Happy Birthday!! 浦野博司(日本ハム) 30歳

コラム COLUMN RSS

タグ:中日 のコラム一覧

プロ野球結果予想レビュー

 Baseball LABでは、リニューアルオープンの今年7月8日以降、全455試合においてプロ野球結果予想を行ってきました。各試合に対しシミュレーターを幾度も回して勝利数が上回った方のチームを勝利予想と判定し、実際の試合結果と比較を行っています。 今年度の予想的中率は52.7%。これは455試合のうち、中止や引き分けの試合を除いた429試合での値です。今回は、この予想をふり返っていこうと思います。 続きを読む

野球ビッグデータをより輝かせるために―結果の予測から新たな価値の創出を目指して―(後編)

2 アルトゥーベをどう抑えるか?―三振確率のモデル化から考察する―  前編では、TextilePlotの表現からアルトゥーベをいかに抑えられるかが勝敗を分けるひとつの重要なポイントとなることがわかりました。そこで後編では、どのようにアルトゥーベを抑えればよいかを、奪三振確率を予測することで探ってみることにします。 今回アルトゥーベ自身のデータは利用できませんでしたので、今シーズンNPBで打率3… 続きを読む

図2:2ストライク後の球種と三振の関係を示すモザイクプロット

ドラフトレビューコラム~中日編~

即戦力9人指名!ぶれない姿勢を見せた中日 ※ドラフト指名選手の詳細情報はこちら  1位指名の野村亮介は、187センチの長身からキレのあるボールを投げ込む。コントロールも抜群で、谷繁選手兼任監督は「吉見(一起)のように何年も連続して2ケタ勝利を挙げる投手になってほしい」と大きな期待を寄せる。 2位で指名したのは浜田智博。球の出どころが見えづらい投球フォームと多彩な変化球で打者を翻弄する… 続きを読む

自由契約、106人。逆境から這い上がった選手は? タイムリーdata vol.1

自由契約を受けたのは106人  106人。これは2013年シーズンオフにNPBの自由契約選手として公示された人数です(外国人選手、育成選手として同球団に再契約した選手は除く)。そして今年も10月1日から戦力外通告期間が始まりました。果たして15年に他球団のユニホームに袖を通す選手は何人いるでしょうか。今回は昨年に自由契約を言い渡されながらも、他球団で現役生活を続けた選手をデータで追いたいと思い… 続きを読む

週間MVP【9月15日~9月21日】

代打逆転2ランの大田が1位! 1位 大田 泰示 9月17日の広島戦(マツダスタジアム)で1点を追う8回に代打で登場すると、決勝打となる逆転2ラン。21日のヤクルト戦(東京ドーム)では1点ビハインドの延長10回に、同点打を放って見せた。期待の大砲が、チームのリーグ3連覇を後押しする。2位 工藤 隆人 9月15日のDeNA戦(横浜)で、1点ビハインドの9回に代打で同点打。19日の阪神戦(甲子園)でも、1点を… 続きを読む