TODAY'S HOT
  • 1994年8月18日 Happy Birthday!! 鈴木誠也(広島) 23歳
  • 1989年8月18日 Happy Birthday!! 佐藤祥万(広島) 28歳
  • 2011年8月18日 山崎武司(楽天)が通算400本塁打を達成。 (vs.西武)
  • 2009年8月18日 岩瀬仁紀(中日)が連続試合セーブ(=20)を達成。 (vs.広島)
  • 1989年8月18日 Happy Birthday!! 鈴木大地(ロッテ) 28歳

コラム COLUMN RSS

甲子園の魔物 統計で捕獲!?

‐幽霊の 正体見たり 枯れ尾花‐  夏の幽霊の正体の相場は、枯れ尾花である。恐怖心や疑いの気持ちがあると、何でもないフライやアウトひとつまでが恐ろしいものに見えるのではないか。甲子園の魔物も、どこかの湖の恐竜や未確認飛行物体などの属性に位置するかもしれない。 この一連の魔物論争に終止符を打つべく、我々は魔物と対峙する決意を固めた。 そもそも甲子園に潜む魔物とは、いったい何なのか。… 続きを読む

もしも清宮幸太郎の体格が“規格外”ではなかったら

“規格外”の体格を誇る清宮幸太郎 ・身長184cm、体重101kg、右投左打の一塁手・高校通算107本塁打、甲子園での最高成績は1年夏のベスト4・リトルリーグ時代に世界一を経験・父親は日本ラグビー界の名将・清宮克幸氏 約2年半の間、高校野球の話題の中心に居続けた早稲田実の清宮幸太郎。そのプロフィールを4行で書くとこのような感じだろうか。 リトルリーグで世界一になった東京北砂時代、すでに183cmの身… 続きを読む

柳田悠岐の“フライボールレボリューション”

フライ増加という“突然変異”  1415試合で3559本塁打。今年のMLBの本塁打ペースは1試合あたり両軍合わせて2.52本で、歴史的な多さとなっている。ニューヨーク・ヤンキースに所属する田中将大も19試合の先発で被本塁打24を記録しており、後半戦に差し掛かった段階でキャリアワーストに近い数字だ。この全体的な本塁打増については、公式球が変わったと証言する投手も多いが、打者がフライを打つ意識を高めて… 続きを読む

外角一辺倒の配球はいけないのか

投球の基本はあくまで外角にある  「無難に外角一辺倒」。現役時代に名捕手として名をはせた野村克也氏は、嶋基宏(楽天)の配球にたびたび苦言を呈している。もちろん、これは嶋が楽天監督時代のまな弟子だからこその辛口なエールだろうが、それにしても「捕手のリード」は今なお議論が尽きないテーマのひとつである。中でも、「外角一辺倒」で「強気に内角を攻めない」ことに対する指摘は、野村氏に限ら… 続きを読む