TODAY'S HOT
  • 1988年4月10日 吉田豊彦(南海)がプロ初登板を記録。(vs.西武)
  • 2010年4月10日 ラミレス(巨人)が通算1000打点を達成。 (vs.中日)
  • 1983年4月10日 駒田徳広(巨人)が右田一彦からプロ初安打を記録。(vs.大洋)
  • 1989年4月10日 Happy Birthday!! 三上朋也(DeNA) 30歳
  • 1994年4月10日 小久保裕紀(ダイエー)が野田浩司からプロ初安打を記録。(vs.オリックス)
  • 1982年4月10日 工藤公康(西武)がプロ初登板を記録。(vs.阪急)
  • 1982年4月10日 工藤公康(西武)がケージからプロ初奪三振を記録。(vs.阪急)
  • 1981年4月10日 川口和久(広島)が平野謙からプロ初奪三振を記録。(vs.中日)
  • 1983年4月10日 駒田徳広(巨人)がプロ初出場を記録。(vs.大洋)
  • 1977年4月10日 高橋慶彦(広島)がプロ初盗塁を記録。(vs.阪神)

コラム COLUMN RSS

2014年11月 のコラム一覧

プロ野球80周年。歴代最年長ベストナインは!?

 プロ野球もシーズンオフに突入。26日には「NPB AWARDS」が開催され、各賞の表彰が行われました。 さらに今年はプロ野球80周年企画として、「NPB80周年ベストナイン」も発表。かつての名選手たちにも再び注目が集まりました。今回はベストナインについてスポットを当てたいと思います。 続きを読む

侍ジャパン経由、メジャー行きの選手は!? タイムリーdata vol.8

 8年ぶりに行われた日米野球も、20日の沖縄での親善試合で全日程を終えました。今回は、日本投手陣が第3戦で継投でのノーヒットノーランを達成。MLB選抜たちを圧倒する快挙などもあって、1990年以来となる勝ち越しを決めました。 続きを読む

得点力を見る上で「打率」は価値のない指標なのか?

最もメジャーな打者指標ともいえる「打率」  打者の成績を見る上で最もメジャーな指標といえば打率だろう。式はいうまでもなく安打÷打数である。今もなお打撃成績一覧では打率の良い選手からランキングされており、慣れ親しんだ指標であることは間違いない。しかし、ここ最近ではOPS(On-base plus slugging:出塁率+長打率)が注目され、その要素となっている出塁率、長打率にもスポットが当たってきてい… 続きを読む

真のスピードスターとは!? Speed Scoreで走塁を数値化

 2014年の最多盗塁は梶谷隆幸(DeNA)、西川遥輝(日本ハム)がそれぞれ初受賞となりました。しかし、走塁というカテゴリーで見たときに表彰が1つしかないのは少し不遇と思えるかもしれません。打撃では首位打者、最多安打、最多本塁打、最多打点、最高出塁率と5タイトルがあり、守備ではポジションごとにゴールデングラブ賞が決まるのでリーグから9人が表彰されています。 ましてや走塁というのは何も盗塁… 続きを読む

何人知ってる?日米野球MLB代表まとめ -野手編- タイムリーdata vol.7

 2006年以来、8年ぶりの開催となる日米野球。侍ジャパンと対峙する「MLBオールスターチーム」は、その名に恥じないスーパースターたちがズラリと顔をそろえました。今回のタイムリーdataでは、そんなMLB屈指のプレーヤーたちをデータとあわせて紹介します。投手編はこちら 続きを読む