TODAY'S HOT
  • 2009年7月28日 村田修一(横浜)が通算200本塁打を達成。 (vs.阪神)
  • 2010年7月28日 谷繁元信(中日)が通算100死球を記録。 (vs.巨人)
  • 1982年7月28日 Happy Birthday!! 亀井善行(巨人) 35歳
  • 1963年7月28日 クレス(大洋)が来日初本塁打が初回先頭打者本塁打を達成。 (vs.国鉄)
  • 2010年7月28日 谷繁元信(中日)が通算2500試合出場を達成。 (vs.巨人)
  • 1978年7月28日 Happy Birthday!! 森野将彦(中日) 39歳

コラム COLUMN RSS

タグ:阪神 のコラム一覧

阪神が予測値以上の結果を残し続けるためのポイント

ポジション別の得失点貢献度  交流戦も終わり、23日からペナントレースが再開する。今回のテーマは阪神のリリーフ陣に関するものなのだが、交流戦がすべて終了した区切りのタイミングでもあるので、首位チームの戦力分析から話を始めたい。 セ・リーグは広島が41勝25敗の勝率.621、パ・リーグは楽天が40勝20敗の勝率.667で首位を走っているが、両チームはどのような強みを武器にシーズンを戦っているのだろ… 続きを読む

阪神・横田慎太郎は本物か

オープン戦の打率は再現するのか  オープン戦では例年、若い選手が何人かブレークするものです。今年で言えば、阪神の横田慎太郎がその筆頭でしょう。2014年に鹿児島実業高校からドラフト2位で入団した彼は、きのうまでのオープン戦で規定打席到達者中3位となる打率.393をマークし、多くの注目を集めました。高卒3年目で勝負の年を迎えていると言えますが、現時点では開幕スタメンの可能性も十分と見られ、… 続きを読む

「先発・藤川!?」一流リリーバーの新たな挑戦 タイムリーdata vol.76

 プロ野球のキャンプインまで残り1週間を切りました。この時期は、各球団が獲得したルーキーや新戦力の動きがファンの関心事になるでしょう。金本知憲新監督を招き入れた阪神は、かつての絶対的リリーバー・藤川球児が4年ぶりに復帰を果たしました。救援投手として輝かしい実績を持つ藤川ですが、入団が決まった際に金本監督から「先発ができるように」と伝えられたそうです。 続きを読む

得失点差がリーグワーストタイで2位?不思議な阪神の優勝争い タイムリーdata vol.59

 近年まれに見る混戦となっている今季のセ・リーグ。現在、首位と0.5ゲーム差で2位につける阪神タイガースは、チーム成績で失点が得点を上回る状況です。得点から失点を引いた数は-75となり、これは今季リーグワーストタイとなっています。 点取りゲームである野球において、なぜそのような得失点でありながら優勝争いが可能なのでしょうか。過去の類似した状況のチームと比較しながら紹介します。(※デー… 続きを読む