TODAY'S HOT
  • 2012年8月17日 村田修一(巨人)が通算100死球を記録。 (vs.広島)
  • 2004年8月17日 工藤公康(巨人)が通算200勝を達成。 (vs.ヤクルト)
  • 2000年8月17日 小林雅英(ロッテ)がプロ初セーブを記録。(vs.日本ハム)
  • 1987年8月17日 Happy Birthday!! 俊介(阪神) 30歳
  • 1998年8月17日 Happy Birthday!! 山本由伸(オリックス) 19歳
  • 2012年8月17日 高橋由伸(巨人)が通算300本塁打を達成。 (vs.広島)
  • 1991年8月17日 Happy Birthday!! 堂林翔太(広島) 26歳

コラム COLUMN RSS

タグ:ソフトバンク のコラム一覧

柳田悠岐の“フライボールレボリューション”

フライ増加という“突然変異”  1415試合で3559本塁打。今年のMLBの本塁打ペースは1試合あたり両軍合わせて2.52本で、歴史的な多さとなっている。ニューヨーク・ヤンキースに所属する田中将大も19試合の先発で被本塁打24を記録しており、後半戦に差し掛かった段階でキャリアワーストに近い数字だ。この全体的な本塁打増については、公式球が変わったと証言する投手も多いが、打者がフライを打つ意識を高めて… 続きを読む

スイング率ヒートマップで見る、森友哉の異質さ

 バッテリーが打者に対する配球を考えるとき、最も知りたい情報はなんでしょうか。いくつかある中で、特に有益と思われるのが、「打者がどんなボールを待っているか」です。ストレート待ちなのか、変化球待ちなのか、ゾーンは外寄りに狙いを絞っているのか、それとも高めにポイントを置いているのか。こうした情報をつかめるだけでも、バッテリーの優位性は格段に高まります。 もちろん、実際は相手打者の… 続きを読む

本塁打倍増のヤフオクドームで失点を防ぐには? タイムリーdata vol.68

 プレミア12強化試合の対プエルトリコ初戦で、試合の均衡を破ったのは秋山翔吾の先制2ラン。鋭い打球がライトフェンスを襲い、ホームランテラスへと落ちました。これは、今季のヤフオクドームでの試合を象徴する一発といえるでしょう。今回は本塁打の生まれやすくなったヤフオクドームで、どういうピッチングを心がけるべきかに迫りたいと思います。 続きを読む

ヤクルトとソフトバンク、神宮球場で活躍が期待される選手は誰だ!? タイムリーdata vol.66

 24日にヤフオクドームで開幕したソフトバンクとヤクルトの日本シリーズ。明日から舞台を神宮球場に移します。ヤクルトは今季本拠地で44勝22敗1分と圧倒的な強さを発揮しました。一方、今年から交流戦の試合数が変更されたこともあり、ソフトバンクは今季神宮で試合を行っていません。 神宮を本拠地とするヤクルトと、今年初めて神宮での試合に挑むソフトバンク。今回はあるデータを参考に、この球場での活… 続きを読む