TODAY'S HOT
  • 1988年4月10日 吉田豊彦(南海)がプロ初登板を記録。(vs.西武)
  • 1981年4月10日 川口和久(広島)が平野謙からプロ初奪三振を記録。(vs.中日)
  • 1983年4月10日 駒田徳広(巨人)がプロ初出場を記録。(vs.大洋)
  • 1982年4月10日 工藤公康(西武)がケージからプロ初奪三振を記録。(vs.阪急)
  • 1989年4月10日 Happy Birthday!! 三上朋也(DeNA) 30歳
  • 1994年4月10日 小久保裕紀(ダイエー)が野田浩司からプロ初安打を記録。(vs.オリックス)
  • 1983年4月10日 駒田徳広(巨人)が右田一彦からプロ初安打を記録。(vs.大洋)
  • 1982年4月10日 工藤公康(西武)がプロ初登板を記録。(vs.阪急)
  • 1977年4月10日 高橋慶彦(広島)がプロ初盗塁を記録。(vs.阪神)
  • 2010年4月10日 ラミレス(巨人)が通算1000打点を達成。 (vs.中日)

コラム COLUMN RSS

タグ:広島 のコラム一覧

丸佳浩 同一リーグFA移籍のインパクト

首位・巨人の貢献者  8月に入り、ペナントレースは勝負の夏場を迎えた。セ・リーグの首位を走るのは巨人。各チームが派手な連勝、連敗を繰り返す中で安定した戦いぶりを続け、7月の中盤には6割を超える勝率を記録してペナント争いをリードしている。DeNAや広島が猛烈な追い上げを見せるなど予断を許さないが、5年ぶりのリーグ制覇に向けて着実に歩を進めている状況だ。 続きを読む

広島東洋カープ 黄金時代の死角

ペナントレースの絶対的本命  プロ野球の開幕が近づき、メディアを通じて今季の順位予想を目にする機会が増えてきた。パ・リーグは昨季日本一に輝いたソフトバンク、セ・リーグは二連覇中の広島を推す声が大きいようだ。ディフェンディングチャンピオンが優勝候補に挙がるのは自然なことだが、両球団とも揺るぎない本命として強く認識されているように感じられる。 続きを読む

広島、日本ハムが連覇するために必要なもの

 昨季は広島がセ・リーグを、日本ハムがパ・リーグを制してそれぞれリーグチャンピオンに輝いた。25年ぶりのリーグVとなった広島の盛り上がりは大きな注目を集め、また日本ハムも二刀流・大谷翔平の投打にわたる活躍などがメディアを多いににぎわせた。ともにディフェンディングチャンピオンとして迎える2017年のペナントレースで、果たして両軍は連覇を果たすことができるのか。データの面から可能性を探りた… 続きを読む

メジャー移籍決定!前田健太、成長の歴史 タイムリーdata vol.74

 2016年1月7日、ポスティングシステムによるメジャーリーグ移籍を目指していた広島・前田健太のロサンゼルス・ドジャースとの契約が正式に発表されました。今回のコラムでは、活躍の場をアメリカに移す前田の一軍デビューから現在に至るまでの成長と、今後の課題について書いていきます。 続きを読む