TODAY'S HOT
  • 1993年5月27日 Happy Birthday!! 横尾俊建(日本ハム) 25歳
  • 1997年5月27日 山本和範(近鉄)が通算1500試合出場を達成。 (vs.ロッテ)
  • 1979年5月27日 遠藤一彦(大洋)が1試合最多奪三振球団タイ記録(=15)を達成。 (vs.巨人)
  • 1983年5月27日 Happy Birthday!! 寺内崇幸(巨人) 35歳
  • 1979年5月27日 野村克也(西武)が通算650本塁打を達成。 (vs.南海)
  • 2007年5月27日 山本昌(中日)が通算500試合登板を達成。 (vs.日本ハム)

コラム COLUMN RSS

タグ:阪神 のコラム一覧

外国人打者に与えられる活躍までの“猶予”

簡単なようで、簡単ではない  プロ野球のシーズンを戦う上で、外国人選手の存在は重要な要素のひとつだ。選手一人の力でチームの順位が大きく変わることはないものの、短期間で打線の長打力を向上させたいときなどは、ドラフトで獲得した若手を育成するよりも、パワーのありそうな外国人選手を獲得する方が手っ取り早く済むことが多い。 だが、当然ながら獲得した外国人打者が期待通りに活躍するとは限ら… 続きを読む

甲子園の魔物 統計で捕獲!?

‐幽霊の 正体見たり 枯れ尾花‐  夏の幽霊の正体の相場は、枯れ尾花である。恐怖心や疑いの気持ちがあると、何でもないフライやアウトひとつまでが恐ろしいものに見えるのではないか。甲子園の魔物も、どこかの湖の恐竜や未確認飛行物体などの属性に位置するかもしれない。 この一連の魔物論争に終止符を打つべく、我々は魔物と対峙する決意を固めた。 そもそも甲子園に潜む魔物とは、いったい何なのか。… 続きを読む

阪神が予測値以上の結果を残し続けるためのポイント

ポジション別の得失点貢献度  交流戦も終わり、23日からペナントレースが再開する。今回のテーマは阪神のリリーフ陣に関するものなのだが、交流戦がすべて終了した区切りのタイミングでもあるので、首位チームの戦力分析から話を始めたい。 セ・リーグは広島が41勝25敗の勝率.621、パ・リーグは楽天が40勝20敗の勝率.667で首位を走っているが、両チームはどのような強みを武器にシーズンを戦っているのだろ… 続きを読む

阪神・横田慎太郎は本物か

オープン戦の打率は再現するのか  オープン戦では例年、若い選手が何人かブレークするものです。今年で言えば、阪神の横田慎太郎がその筆頭でしょう。2014年に鹿児島実業高校からドラフト2位で入団した彼は、きのうまでのオープン戦で規定打席到達者中3位となる打率.393をマークし、多くの注目を集めました。高卒3年目で勝負の年を迎えていると言えますが、現時点では開幕スタメンの可能性も十分と見られ、… 続きを読む