TODAY'S HOT
  • 1988年5月24日 掛布雅之(阪神)が通算1000打点を達成。 (vs.ヤクルト)
  • 1989年5月24日 ブライアント(近鉄)が1試合最多塁打(=16)を達成。 (vs.西武)
  • 1982年5月24日 Happy Birthday!! 田中浩康(DeNA) 35歳
  • 1997年5月24日 大塚晶則(近鉄)がプロ初セーブを記録。(vs.ダイエー)
  • 1987年5月24日 Happy Birthday!! 今井啓介(広島) 30歳

コラム COLUMN RSS

タグ:セイバーメトリクス のコラム一覧

新守護神・カミネロが抱える投手としての危険性

平均151キロ、スピードは十分  開幕から約3週間が経過し、今季から各チームに加わった新外国人選手たちも、徐々にその実像を見せ始めている。昨季MLB57試合登板の実績を買われ巨人に入団したアルキメデス・カミネロもそのひとりで、ここまで抑えとして6セーブ、防御率1.69とまずまずの成績を残している。だが、その投球内容を細かく見てみると、これから30試合、40試合と登板を重ねていく上ではやや心配に… 続きを読む

オープン戦のデータから新人投手の投球スタイルを考察する

新人投手を3つの指標で分析する  4月6日は新人投手の門出の日となった。16時20分、楽天の高梨雄平が今季セパ新人の白星一番乗りを果たすと、その約1時間後にはロッテの佐々木千隼が初先発初勝利。高梨、佐々木はともにオープン戦から結果を残し、首脳陣の期待に応えている。 佐々木はローテーションの都合により開幕一軍ではなかったものの、今年は12球団で15人(投手10人、野手5人)の新人が開幕一軍入り… 続きを読む

阪神・横田慎太郎は本物か

オープン戦の打率は再現するのか  オープン戦では例年、若い選手が何人かブレークするものです。今年で言えば、阪神の横田慎太郎がその筆頭でしょう。2014年に鹿児島実業高校からドラフト2位で入団した彼は、きのうまでのオープン戦で規定打席到達者中3位となる打率.393をマークし、多くの注目を集めました。高卒3年目で勝負の年を迎えていると言えますが、現時点では開幕スタメンの可能性も十分と見られ、… 続きを読む

グラフィックで見る坂本勇人の守備範囲

 エラーの少ない選手すなわち守備の名手、ではない、ということが最近の研究によって明らかになりつつあります。Baseball LABでも過去に何度か紹介しているUZR(Ultimate Zone Rating)などによって選手のディフェンスに関する能力を数値化することが可能になり、従来の守備率や印象値では見いだすことの難しかった選手に正当な評価を下す機会が生まれています。 UZRとは「守備範囲」、「失策」、「併殺奪… 続きを読む