TODAY'S HOT
  • 2007年5月27日 山本昌(中日)が通算500試合登板を達成。 (vs.日本ハム)
  • 1983年5月27日 Happy Birthday!! 寺内崇幸(巨人) 35歳
  • 1979年5月27日 遠藤一彦(大洋)が1試合最多奪三振球団タイ記録(=15)を達成。 (vs.巨人)
  • 1997年5月27日 山本和範(近鉄)が通算1500試合出場を達成。 (vs.ロッテ)
  • 1979年5月27日 野村克也(西武)が通算650本塁打を達成。 (vs.南海)
  • 1993年5月27日 Happy Birthday!! 横尾俊建(日本ハム) 25歳

コラム COLUMN RSS

タグ:中日 のコラム一覧

中日浮上のカギは“初球”?

12年ぶりの防御率4点台  5シーズン連続でBクラスに低迷している中日。就任2年目を迎えた森繁和監督は、2018年の投手陣のテーマに「四球を減らし、ストライクゾーンで勝負すること」を挙げた。昨季の防御率は4.06で、4点台を記録したのは2005年以来となる。この一因に、与四球率3.48でNPBワーストだった四球の多さがある、と森監督は考えているようだ。 続きを読む

外国人打者に与えられる活躍までの“猶予”

簡単なようで、簡単ではない  プロ野球のシーズンを戦う上で、外国人選手の存在は重要な要素のひとつだ。選手一人の力でチームの順位が大きく変わることはないものの、短期間で打線の長打力を向上させたいときなどは、ドラフトで獲得した若手を育成するよりも、パワーのありそうな外国人選手を獲得する方が手っ取り早く済むことが多い。 だが、当然ながら獲得した外国人打者が期待通りに活躍するとは限ら… 続きを読む

リリーフに適性のある投手とは? タイムリーdata vol.73

 楽天は、松井裕樹を来季も抑えで起用することに決定しました。ルーキーイヤーの昨季は先発で17試合に登板し、完投も記録していた松井ですが、今季からリリーフに転向。防御率は0.87と抜群の安定感を誇り、チーム史上最多の33セーブを記録しました。他球団では巨人・澤村拓一が、今季から抑えに転向して36セーブをマーク。広島・大瀬良大地もシーズン途中からの配置転換ながら、セットアッパーとして20ホー… 続きを読む

ガッツポーズが一番多い投手は誰だ! ~「燃えドラ!スタジアム」での特集~

 12/17に名古屋のケーブルテレビ局「スターキャット」で放送された、ドラゴンズ応援番組『燃えドラ!スタジアム』に、データ解説役としてゲスト出演しました。 番組は次回放送までYouTubeでもご覧いただけます(外部リンク) 番組内では『データで検証「ちょっと変だったよドラゴンズ」』というコーナーで、今季のドラゴンズの不振に関するさまざまなデータを紹介しました。今回は番組ではお届けしきれな… 続きを読む