TODAY'S HOT
  • 1979年5月27日 遠藤一彦(大洋)が1試合最多奪三振球団タイ記録(=15)を達成。 (vs.巨人)
  • 1993年5月27日 Happy Birthday!! 横尾俊建(日本ハム) 25歳
  • 1979年5月27日 野村克也(西武)が通算650本塁打を達成。 (vs.南海)
  • 1997年5月27日 山本和範(近鉄)が通算1500試合出場を達成。 (vs.ロッテ)
  • 1983年5月27日 Happy Birthday!! 寺内崇幸(巨人) 35歳
  • 2007年5月27日 山本昌(中日)が通算500試合登板を達成。 (vs.日本ハム)

コラム COLUMN RSS

2015年3月 のコラム一覧

「二打席連続満塁本塁打」に挑戦できる確率は? タイムリーdata vol.29

 センバツ高校野球の準決勝で大記録が生まれました。敦賀気比の松本哲幣選手が放った、二打席連続満塁本塁打です。1924年に始まる大会の歴史でも初めてのことで、強豪・大阪桐蔭を相手にした大舞台で金字塔を打ち立てました。2打席連続本塁打はプロ野球でも1度しか生まれていない大記録となっています。 続きを読む

44年ぶり・・・、史上初・・・、開幕から躍動した新戦力  タイムリーdata vol.28

 2015年のプロ野球がついに開幕。セ・リーグでは、阪神が2試合連続サヨナラ勝ちを含む開幕3連勝を切りました。一方のパ・リーグでは、昨季の覇権を争ったソフトバンクとオリックスがともに開幕カード負け越しと苦しいスタート。特にオリックスはいきなり3タテを喫しています。 今年の開幕カードは、新戦力の起用、活躍が目につきました。今回はそんな新戦力について、今後への期待を込めて活躍ぶりを振り返… 続きを読む

森、小林らに代表される、若き捕手たちの胎動。 タイムリーdata vol.27 

 プロ野球で捕手といえば、ベテランをイメージする方が多いのではないでしょうか。捕手は扇の要とも呼ばれるように、投手をいかにリードするかという配球や、塁上の走者への対応、そして野手への守備位置の指示など、経験とリーダーシップが求められるポジションです。40代ながら今季も開幕一軍スタートとなった監督兼選手の中日・谷繁元信や、コーチ兼選手の日本ハム・中嶋聡などが代表例といえるでしょう。 続きを読む

統計学で犠牲フライを分析

 最近、セイバーメトリクスという言葉を耳にする機会が増えたと思います。スポーツ番組や雑誌等で見かけることも増えました。その流れはプロ野球界にも来ており、データ分析専門のスタッフがいるチームもあります。そこで今回は野球データを統計学的に分析してみたいと思います。犠牲フライ時の3塁走者の生還・非生還に着目して、犠牲フライを統計学的に分析していきます。 続きを読む

   表1:2012,13年の犠牲フライ可能場面