TODAY'S HOT
  • 1978年5月20日 松原誠(大洋)が通算3000塁打を達成。 (vs.阪神)
  • 1989年5月20日 清原和博(西武)が1試合最多四球(=5)を達成。 (vs.ダイエー)
  • 1998年5月20日 駒田徳広(横浜)が1試合一塁手最多失策(=3)を記録。 (vs.ヤクルト)
チーム情報 TEAM

東北楽天ゴールデンイーグルス2020

E

コラム COLUMN RSS

鎌ケ谷の“ドクターK” 高梨裕稔。いざ一軍のマウンドへ タイムリーdata vol.35

 今日5月3日に一軍公式戦初登板・初先発を迎える若手投手がいます。その選手の名は高梨裕稔、日本ハムに2013年ドラフト4位で入団した2年目右腕です。昨季は二軍で1勝8敗、今季はリーグトップの3勝を挙げているものの防御率は4点台と、特別に目立つ存在ではないように思えます。しかし今季の高梨は、ある指標で「ずばぬけた数字」を残していました。(※文章・表中の数字はすべて4月30日終了時点) 続きを読む

一塁線に強い一塁手、一二塁間に強い一塁手とは? ~「球辞苑」での一塁手特集~

「球辞苑」での一塁手特集  4/26にBS1放送された「球辞苑~プロ野球が100倍楽しくなるキーワードたち▽一塁手【スポーツ・ラボ】」に、データ紹介役で出演させていただいた金沢です。 放送内で少し紹介された「一塁線に強い一塁手ランキング」「一二塁間に強い一塁手ランキング」は、守備指標UZRで使用する過去5年分のゾーンデータを基にして、今回の放送用にオリジナルで製作しましたものになります。 … 続きを読む

パ・リーグ得点力ツートップの対照的な個性に迫る! タイムリーdata vol.34

 今季は各チームともロースコアの展開が多く、昨季より得点力は下がっています。そんな中、リーグツートップの得点力を発揮しているのが、日本ハムとロッテ。この2チームはどういう形で得点しているのでしょうか。(データは4月24日終了時点) 続きを読む

次の魔球?ナックルカーブの正体

 黒田博樹の「ツーシーム」や田中将大の「スプリット」など、野球界では目新しい変化球が次々と話題に上ります。こうしたあまり聞きなじみのない(なかった)名称の変化球はアメリカから輸入されたものが比較的多いのですが、“次の魔球”として話題となりそうな気配を見せている変化球があります。「ナックルカーブ」です。 ナックルカーブの大きな特徴は、名前の由来となったその独特な握り方にあります。… 続きを読む