TODAY'S HOT
  • 1984年7月4日 巨人が球団記録の1試合8本塁打を達成。 (vs.ヤクルト)
  • 1965年7月4日 山内一弘(阪神)が通算300本塁打を達成。 (vs.巨人)
  • 1984年7月4日 西本聖(巨人)が通算1500投球回を達成。 (vs.ヤクルト)
  • 1971年7月4日 佐々木宏一郎(近鉄)が通算1000奪三振を達成。 (vs.阪急)
チーム情報 TEAM

東北楽天ゴールデンイーグルス2020

E

コラム COLUMN RSS

監督交代の効果は? 代行監督の歴史を振り返る! タイムリーdata vol.44

 6月2日、オリックス・森脇浩司監督の休養が発表されました。原因はチームの不振とのことです。チームが不振に陥るとたびたび発表される監督の休養ですが、果たして効果はあるのでしょうか。今回はシーズン途中で指揮官が交代したチームに迫ってみたいと思います。 続きを読む

2カ月前の話題を再検証! 続・ボールが飛ばない!?囁かれる噂を検証

 今季はボールが飛ばない!? ほんの2カ月ほど前にこのような話題が飛び交っていたことを皆さんは覚えているでしょうか。Baseball LABでも4月12日終了時点のデータを基に一度検証をしました。(下記リンクから見れます)ボールが飛ばない!?囁かれる噂を検証 交流戦も終わり、シーズンの約半分が終わった現在。果たして数字はどのように変化しているのでしょうか。皆さんの記憶からも薄れているであろう… 続きを読む

「交流戦ベストナイン」を選んでみた タイムリーdata vol.43

 上位5チームまでを独占するなど、今季もパ・リーグが強さを見せた交流戦。今回は当サイトで行っている週間MVPと同じ算出方法を使い、今季の「交流戦ベストナイン」を選んでみました。※MVPポイントの算出方法はこちら 続きを読む

交流戦を制したソフトバンクの強さ タイムリーdata vol.42

 勝率の高いリーグがドラフト2巡目以降のウエーバー優先権を獲得するというシステムに変更された今季の交流戦は、過去最高の勝率.581でパ・リーグが制しました。勝率1位となったのはソフトバンク。11年目を迎えた交流戦で5度目の首位です。過去の対戦成績を見るとどのチームに対しても優勢であることを示しており、2015年も広島戦以外の全カードで勝ち越し。交流戦通算勝率が唯一.600を超えるソフトバンクが… 続きを読む