TODAY'S HOT
  • 1998年9月17日 Happy Birthday!! コラス(ソフトバンク) 21歳
  • 1998年9月17日 Happy Birthday!! 岡崎大輔(オリックス) 21歳
  • 1968年9月17日 江夏豊(阪神)がシーズン奪三振NPB最多記録(=401)を達成。 (vs.巨人)
  • 1999年9月17日 Happy Birthday!! 藤井黎來(広島) 20歳
  • 2004年9月17日 松坂大輔(西武)が1イニング最多奪三振(=4)を達成。 (vs.ダイエー)
  • 1989年9月17日 Happy Birthday!! 中後悠平(DeNA) 30歳
  • 2003年9月17日 豊田清(西武)がシーズンセーブパ・リーグ最多タイ記録(=38)を達成。 (vs.オリックス)
コラム COLUMN

中日浮上のカギは“初球”?

小林 展久

12年ぶりの防御率4点台

 5シーズン連続でBクラスに低迷している中日。就任2年目を迎えた森繁和監督は、2018年の投手陣のテーマに「四球を減らし、ストライクゾーンで勝負すること」を挙げた。昨季の防御率は4.06で、4点台を記録したのは2005年以来となる。この一因に、与四球率3.48でNPBワーストだった四球の多さがある、と森監督は考えているようだ。

 過去10年の中日の投手成績を見ると、与四球率と防御率が同じように推移していた。落合監督時代は与四球率3.00未満だったが、直近5年は3.5前後と悪化している。四球は3ボールからボール球を見送られることで成立するが、その3ボールの割合は全打席の21.2%でリーグワースト(表1参照)だった。投手コーチ、ヘッドコーチとしてチームの黄金期を支えた森監督からすると、投手陣の現状に注文をつけたくもなるだろう。

――この記事の続きは「BASEBALL GATE」でご覧ください。