TODAY'S HOT
  • 2008年7月20日 上原浩治(巨人)が通算1500投球回を達成。 (vs.横浜)
  • 1995年7月20日 Happy Birthday!! 石川亮(日本ハム) 24歳
  • 1958年7月20日 川上哲治(巨人)が通算400二塁打を達成。 (vs.中日)
  • 1977年7月20日 張本勲(巨人)が通算450本塁打を達成。 (vs.中日)
  • 2003年7月20日 江藤智(巨人)が通算1500試合出場を達成。 (vs.横浜)
  • 1995年7月20日 Happy Birthday!! 砂田毅樹(DeNA) 24歳
コラム COLUMN

ゲレーロへの配球に見る、フライボールヒッター攻略のヒント

佐々木 浩哉

変化球を低く、遠くへ

 セ・リーグホームランダービーのトップを快走するゲレーロ(中日)は、典型的なフライボールヒッターだ。ゲレーロの打球がフライ性の打球となる割合は63.5%で、これはここ5年の規定打席到達者の中で最も高い数字となっている(表1)。「長打を打つためにはフライの打球を数多く打つのが合理的である」という発想から、主にMLBでフライ指向の打者が増加傾向にある事象を指して“フライボールレボリューション”ということばも誕生しているが、ゲレーロもまたこの“革命”のサンプルとして格好の存在といえる。

 フライ割合の高さだけではなく、ゲレーロのバッティングにはもうひとつ大きな特徴がある。とにかく、低めに強い。上に示した本塁打の配球チャートはセンター方向から見たゾーン別の本塁打を表している(中心の9分割はストライクゾーン)。同じ外国人スラッガーのビシエド(中日)、ロペス(DeNA)と比較すると分かりやすいが、ゲレーロの場合は低めゾーンに記号が集中している。


――この記事の続きは「BASEBALL GATE」でご覧ください。