TODAY'S HOT
  • 1985年6月5日 広澤克実(ヤクルト)が堂上照からプロ初本塁打を記録。(vs.中日)
  • 1987年6月5日 Happy Birthday!! 小島脩平(オリックス) 33歳
  • 1991年6月5日 Happy Birthday!! 高梨裕稔(ヤクルト) 29歳
  • 1999年6月5日 清原和博(巨人)が通算1000得点を達成。 (vs.横浜)
  • 2000年6月5日 Happy Birthday!! 佐藤智輝(楽天) 20歳
  • 2010年6月5日 金子誠(日本ハム)が通算250犠打を達成。 (vs.巨人)
  • 2010年6月5日 井端弘和(中日)が通算1500安打を達成。 (vs.ロッテ)
  • 1995年6月5日 Happy Birthday!! ケムナ誠(広島) 25歳
  • 2007年6月5日 木塚敦志(横浜)が20試合連続無失点を達成。 (vs.ソフトバンク)

コラム COLUMN RSS

タグ:オリックス のコラム一覧

週間MVP【7月21~27日】

セ・リーグトップは、2夜連続の同点弾を放った上本! 先週の1位となったのは上本博紀(阪神)。7月25日の広島戦(マツダスタジアム)で、2点を追う7回に相手のエース・前田から同点2ラン。翌26日の同カードでは、8回にまたも同点となる2ランを放つなど、試合終盤での活躍が目立った。2位となったのは松井佑介(中日)。21日のDeNA戦(横浜)で、1点を追う8回に貴重な同点弾を放ち、負傷交代した4番・和田の… 続きを読む

週間MVP【7月14~20日】

チームを2度も救った菊池がセ・リーグトップ! 3試合のみの開催だった先週の1位となったのは菊池涼介(広島)。7月14日のDeNA戦(マツダスタジアム)では、1点を追う9回2死一二塁で同点適時打。チームを敗退の危機から救うと、2点を勝ち越された延長12回にも同点となる2点適時打を放った。この日の4安打3打点の活躍を含む、全3試合で14打数7安打と大暴れ。先月の月間MVPに輝いた男が、今月も躍動している。2… 続きを読む

週間MVP【7月7~13日】

代打の2人が上位に!巨人を沈めた関本がセ・リーグトップ 先週の1位となったのは関本賢太郎(阪神)。先週はわずか4打席に立ったのみだったが、大きなインパクトを残したのは7月13日の巨人戦(東京ドーム)。2点ビハインドの7回表、2死満塁の場面に代打で登場すると、試合をひっくり返す逆転弾の大仕事をやってのけた。この試合では9回にも適時打を放ち、自身6年ぶりとなる5打点の大暴れ。途中出場ながら驚… 続きを読む

MVPポイントとは?

最も推定勝率を高めた打者は誰か?  Baseball LABの「今日のMVP」では、WPA(Win Probability Added)を基にしたMVPポイントを紹介している。WPAは選手がチームの勝利にどの程度貢献したかを測る指標であり、MVPポイントの算出概要はhttp://www.baseball-lab.jp/about_tmvp/に掲載している。 では、実際にどのような選手が高いMVPポイントをマークしているのか。今回は6月30日~7月6日の打者のMVPポイント… 続きを読む

投手の「タイプ」とは?

投球成績から投手のタイプを分ける Baseball LABでは、選手の特徴を直感的にイメージできるよう、過去のデータを用いたタイプ分類を試みている。投手は過去10年の年度別投手成績(被単打、被二塁打、被本塁打、奪三振、与四球、奪併殺打、三振以外の凡打、投球回)から9タイプに分類した「投球タイプ」と、過去10年のストレート、カーブ、シュート、スライダー、フォーク、シンカー、チェンジアッ… 続きを読む