TODAY'S HOT
  • 1994年8月18日 Happy Birthday!! 鈴木誠也(広島) 25歳
  • 2000年8月18日 Happy Birthday!! 山口航輝(ロッテ) 19歳
  • 1989年8月18日 Happy Birthday!! 鈴木大地(ロッテ) 30歳
  • 1993年8月18日 Happy Birthday!! 田中俊太(巨人) 26歳
  • 2011年8月18日 山崎武司(楽天)が通算400本塁打を達成。 (vs.西武)
  • 2009年8月18日 岩瀬仁紀(中日)が連続試合セーブ(=20)を達成。 (vs.広島)
コラム COLUMN

投手の「タイプ」とは?

Baseball LAB編集部

投球成績から投手のタイプを分ける

Baseball LABでは、選手の特徴を直感的にイメージできるよう、過去のデータを用いたタイプ分類を試みている。
 
投手は過去10年の年度別投手成績(被単打、被二塁打、被本塁打、奪三振、与四球、奪併殺打、三振以外の凡打、投球回)から9タイプに分類した「投球タイプ」と、過去10年のストレート、カーブ、シュート、スライダー、フォーク、シンカー、チェンジアップ、特殊球(ナックルやパームなど)、カットボールの投球割合から20タイプに分類した「球種タイプ」を記載している。ともに年度別のデータを使用し、先発もしくは救援で30イニング以上投げた投手を対象としている。それでは、各タイプを具体的に解説していこう。

投球タイプ

エース格

投球回が多く、先発として三振を多く奪えるタイプ。本格派が多く、各チームにおけるローテーションの柱が集まる。

三振奪取

与四球はやや多めだが、三振を多く奪い、被打率も低いタイプ。絶対的な決め球を持つ抑え投手が多い。

技巧派

奪三振は多くないが、凡打を打たせる投球で投球回を稼ぐ先発投手。四球もやや少なめで、コントロールのまとまった投手が多い。

打たせて取る

奪三振が少なく、凡打を打たせる投球が持ち味のタイプ。「技巧派」タイプほど投球回を稼いでおらず、先発、救援の両方をこなす投手が多い。

荒れ球

奪三振と与四球がともに多いタイプ。被打率は低い方だが、コントロールがアバウトで長打を浴びやすい。

スクランブル

ローテーションの谷間やビハインドの場面で登板する投手。成績は平均より低い数値で、特に長打を浴びやすい。

安定感

奪三振が多く、与四球が少ないタイプ。セットアッパーに加え、好成績だが年間通しての活躍はしていない先発投手が多い。

ムラっ気

与四球が多く、試合ごとに調子の良し悪しがはっきりするタイプ。武器となる球種は持っているため、長打はそれほど浴びない。

バランス型

被本塁打がやや多いが、その他はほぼ平均的な成績の投手。年度ごとに成績が大きく変わる投手もいる。

球種タイプ

オーソドックス

ストレートとスライダーを中心に、カーブ、シュート、フォークを織り交ぜる基本的なタイプ。2013年は澤村拓一大場翔太などが当てはまる。

速球メイン

速球の割合がおよそ50~80%台とかなり高い投手。2013年はサファテ平野佳寿などが当てはまる。

速球&スライダー

速球とスライダーで8割程度を占めるタイプ。2013年は杉内俊哉則本昂大などが当てはまる。

速球&フォーク

速球とフォークで7割程度を占めるタイプ。2013年は西村健太朗増井浩俊などが当てはまる。

スライダー&シンカー

ストレートを中心に、スライダーとシンカーで勝負するタイプ。サイドハンドも多い。2013年は比嘉幹貴十亀剣などが当てはまる。

スライダー&シュート

スライダーとシュートで両コーナーを突く投球が持ち味のタイプ。2013年は岩瀬仁紀森福允彦などが当てはまる。

ムービングファストボーラー

シュート(ツーシーム)とカットボールの割合が6~7割程度を占める投手。2013年はウルフとダックワースが当てはまる。

カーブの使い手

速球を中心に、カーブを織り交ぜる投球が持ち味のタイプ。2013年はディクソン岸孝之などが当てはまる。

カーブ&シュート

シュート(ツーシーム)を中心にカーブを織り交ぜるタイプ。2013年は該当者なし。

カットボールの使い手

速球とカットボールのコンビネーションを軸とするタイプ。2013年は菅野智之藤浪晋太郎などが当てはまる。

左右の揺さぶり

ストレート、シュート、カットボールで左右に揺さぶる投球が持ち味のタイプ。2013年は岩田稔山内壮馬などが当てはまる。

シュートボーラー

ストレートに加え、シュートやツーシームを軸に投球を組み立てるタイプ。2013年は山口鉄也岡田俊哉などが当てはまる。

シンカーボーラーA

シンカーの割合が3~5割程度のタイプ。木塚敦志や渡辺俊介などサイドスローやアンダースローが多い。2013年は該当者なし。

シンカーボーラーB

ストレートとシンカーを中心に、スライダーを織り交ぜるタイプ。2013年は山本昌攝津正などが当てはまる。

チェンジアップの使い手

速球とチェンジアップで6~8割程度を占めるタイプ。2013年は成瀬善久武田勝などが当てはまる。

カット&チェンジアップ

速球を中心に、カットボールとチェンジアップを2~4割程度投げるタイプ。2013年はグライシンガー金子千尋などが当てはまる。

カット&シンカー

カットボールとシンカーを3~5割程度投げるタイプ。2013年はバーネット石川雅規が当てはまる。

ナックルボーラー

投球の8割程度をナックルボールで組み立てるユニークなタイプ。2013年は該当者なし。

特殊球の使い手A

投球の3~4割程度を特殊球(ナックル、パーム、スローボールなど)で占めるタイプ。2013年は帆足和幸が当てはまる。

特殊球の使い手B

特殊球(ナックル、パーム、スローボールなど)を1割以上使用するタイプ。2013年は浅尾拓也が当てはまる。