TODAY'S HOT
  • 1985年5月22日 Happy Birthday!! バンデンハーク(ソフトバンク) 34歳
  • 1969年5月22日 長嶋茂雄(巨人)が通算300本塁打を達成。 (vs.アトムズ)
  • 1994年5月22日 Happy Birthday!! 田川賢吾(ヤクルト) 25歳
  • 1996年5月22日 Happy Birthday!! 清水優心(日本ハム) 23歳
  • 2000年5月22日 Happy Birthday!! 勝又温史(DeNA) 19歳
  • 2011年5月22日 鳥谷敬(阪神)が通算1000試合出場を達成。 (vs.西武)
  • 1980年5月22日 リー、レオン、有藤(ロッテ)が3者連続本塁打を達成。 (vs.西武)

コラム COLUMN RSS

“控え捕手の控え”は必要なのか

球界の主流は捕手3人制  球界で捕手の人材不足が叫ばれて久しい。絶対的な正捕手と呼べるような選手がいるチームは一握りで、昨年のベストナインに輝いた會澤翼(広島)と甲斐拓也(ソフトバンク)にしても、スタメンマスクをかぶった試合はそれぞれ87試合と80試合にとどまった。先発投手との相性などで複数の捕手を使い分けるのが、近年の主流になっている。 続きを読む

高卒入団の投手はどのくらい成長するのか?

■大谷の比体重は5.7、球速は6.3km/h増加した  上の表は大谷の「身長」「体重」「比体重」「平均球速」の推移を表したものだ。 MLB公式アナリストのマイク・ペトリエロもMLB.comに寄稿(「2 for the Sho! Analytics: Ohtani arm, bat elite」 ※英文記事)しているように、大谷の投手としての最大の魅力はメジャー先発投手の中でも3本の指に入るといわれる「球速の速さ」である。 大谷は入団1年目の19歳時… 続きを読む

フライ革命後の成績変化を推測する

広まりつつあるフライ革命  柳田悠岐(ソフトバンク)のフライ革命は、成功したといっても良いだろう。例年よりフライの多い傾向はシーズン終了まで続き、右脇腹の負傷による離脱があった中で2年ぶりに30本塁打をクリアした。メジャーリーグで“フライ革命”を体感している前田健太(ドジャース)も、そのスタイルに太鼓判を押しており、フライ狙いの継続を勧めている。そんな中、柳田のチームメート・吉村裕… 続きを読む

プロ野球 故障の実態

抹消日数4181日  あんなに故障者が出ていなければ、もっと――。という思いはチームの関係者から一般のファンまで共通する感覚だが、ではチームが相対的にどれほど多くの故障者を抱えていたのか、という観点から故障について語られることはあまりない。 今回はチームの公式発表やメディア報道より収集した、故障にまつわる情報の集計結果を紹介したい。主に故障によって登録を抹消されてから再び一軍に登録… 続きを読む