TODAY'S HOT
  • 1993年12月16日 Happy Birthday!! 柴田竜拓(DeNA) 25歳
コラム COLUMN

トミー・ジョン手術とPRP療法について

長﨑 千奈

 スポーツ選手に怪我はつきものである。そして、野球選手、中でも投手において、肘の怪我は肩と同じくらい発生することが多く、選手生命を脅かす怪我も少なくない。過去に多くのMLBやNPBで活躍する選手に発生し、最近で言えば大谷翔平選手の身に起きたことでも話題となった「肘の内側側副靭帯(medial collateral ligament:以下MCL)損傷」とはどういったものなのか。

靭帯と靭帯損傷

 靭帯とは、簡単に言うと骨と骨をつなぐ紐のようなものである。靭帯損傷は、関節が本来動かすことのできる範囲以上の動きや本来動かす方向とは異なる方向への動きを強制された場合などに発生する。靭帯損傷は、損傷の程度によりⅠ度~Ⅲ度に分類される。

投球動作と野球肘

 一般的に投球動作と肘の怪我には強い関連性があると言われている。野球で起こる肘のMCL損傷は「地面にステップ脚が接地してから投球側の肩関節が最大外旋位をとる(腕をしならせている)状態」で発生することが多い。前述の状態は、肘のMCLが過度に緊張する。それを繰り返すことにより、靭帯の炎症が発生し、最悪の場合は断裂に至る。

肘内側側副靭帯の治療法

 肘のMCL損傷の治療は、手術を行わず、投球中止やリハビリテーションといった保存療法を選択する場合が多い。しかし靭帯は血流に乏しいため、治癒しづらいという特性がある。そのため、高い競技レベルのスポーツ選手では、多血小板血漿(platelet-rich plasma:以下PRP)療法という注射を施す方法や、世間一般に「トミー・ジョン手術」と呼ばれている「靭帯再建術」を選択する場合がある。厳密にはトミー・ジョン手術は靭帯再建術のひとつ(ジョーブ法)にすぎないが、本稿では便宜上、靭帯再建術全般を「トミー・ジョン手術」と総称する。

 PRP療法とは、患者本人から採血した血液を遠心分離し、その中のPRP(血小板を高濃度に含んだ血液=多血小板血漿)を損傷した部分に注射することで、本人の自然治癒能力を活性化させ、治癒・再生速度を上げる治療法である。大谷翔平が受けたことで注目された治療法で、2014年にも田中将大がこの治療を行い、後にメジャーのマウンドに復帰している。

 次にトミー・ジョン手術とは、損傷した靭帯を切除した後、患者本人の正常な腱の一部を損傷した部位に移植し、再建する方法である。ダルビッシュ有をはじめ、数多くのMLB、NPBの選手がこの治療を行っている。

 また、先に触れたとおり靭帯再建術にも幾つかの方法があり、「トミー・ジョン手術」と呼ばれている「ジョーブ法:figure eight法(1974年)」の他に、「伊藤法:interlacing suture法(1990年)」という方法もある。

 どちらの方法も、損傷した靭帯を再建するという点では同じであるが、ジョーブ法は骨孔(靭帯を通すための穴)に移植した腱を8の字になるように通して縫合するのに対し、伊藤法は移植した腱を通す際、骨釘(患者本人の骨からつくった釘のようなもの)も一緒に固定することで強度を高めることを図るものである。

 ここまで、靭帯損傷や肘MCL損傷の治療法について説明してきたが、実際にNPBではトミー・ジョン手術を受けた人間がどのくらい存在するのだろうか。

トミー・ジョン手術のNPBデータ

 日本人選手のトミー・ジョン手術の施術例を集計するにあたり、今回は過去の報道などを基にデータをまとめているが、すべての例を網羅できている保証がないことは、お断りしておきたい。アメリカでジョーブ博士がトミー・ジョン氏に初めて靭帯再建術を施したのは1974年。その後、NPBでも徐々に増加し、2010年代に入ってから大幅に増えている。また、手術の対象となるのは基本的に投手が多いことも特徴となっている。

 次に、どのくらいの数の選手が現場に復帰することができたのだろうか。今回は、「故障前に一度でも一軍出場を経験している選手の中で、術後にも一軍出場があった選手」を復帰の定義とする。

 表の通り、投手も野手も一軍復帰割合は7割以上となっている。古い時代であれば野球人生に終止符を打っていたはずの選手が高い確率で復帰できるというのは、まさに医療技術の進歩の賜物だろう。

 ちなみに、投手における復帰割合が2000年以降と2010年以降とでは後者のほうが低いことについては、2016,2017年に手術を受けた選手たちの中にはまだリハビリの段階で、一軍には復帰できていない者がいることも関係していると考えられる。

トミー・ジョン手術によるパフォーマンスへの影響

 アメリカでは既に否定的な見解も伝えられているが、「トミー・ジョン手術を受けると球速が上がる」という俗説がある。NPBではどうなのか、を調べた結果が上の表である。術後に球速の上がっている選手が多く、一見するとパフォーマンスが向上しているようにも見える。ただし、この表の母数には一軍に復帰した選手しか含まれていない。そのため、一軍で通用するレベルまでパフォーマンスが戻らなかった選手は、そもそもデータの対象から外れているという事実には注意を要する。

 また、術後に球速が上がるのはリハビリ期間中のトレーニングにより筋肉が強化されたことが原因である、という意見があること、日米での医師の見解やMRIでの診断基準、手術を受けた年齢、もともとの実力などさまざまな条件の違いが背景に存在するため、一概にパフォーマンスが向上するとは断定できないのが現実である。

 トミー・ジョン手術の認知が高まり、手術を受ける人数が年々増加しているとはいえ、アメリカに比べて日本では手術へのハードルはいまだに高いと言える。そのため、メスを用いない治療法であるPRP療法が確立されることで、恩恵を受けられる選手は少なくないだろう。しかし、どれほど医療技術が進歩して治療の成果が上がっても、悪い投球フォームや投球過多といった根本的な部分が解決できなければ、再び故障する可能性は高い。

 最近は、筋トレブームの影響もあり、栄養学や解剖学の知識を身に付けた選手も増えてきている。怪我なく健康にプレーするためにも、医師やトレーナーに任せきりになるのではなく、選手自身が正しい知識を持ち、自己管理できるようになることが怪我を予防するために望ましい。