TODAY'S HOT
  • 1987年9月24日 西本聖(巨人)が通算2000投球回を達成。 (vs.中日)
  • 1986年9月24日 山下大輔(大洋)が通算1500試合出場を達成。 (vs.ヤクルト)
  • 2008年9月24日 木村拓也(巨人)が通算1000安打を達成。 (vs.広島)
  • 1991年9月24日 Happy Birthday!! 国吉佑樹(DeNA) 28歳
  • 2000年9月24日 Happy Birthday!! 渡邉陸(ソフトバンク) 19歳
  • 1989年9月24日 Happy Birthday!! 吉田一将(オリックス) 30歳

コラム COLUMN RSS

タグ:西武 のコラム一覧

統計分析レポート ~四球後の初球は甘くなるのか~

 ランナー1,2塁で四球。満塁になってピンチあるいはチャンス拡大。投手がコントロールに苦しんでいるこんな場面をよく見かけます。さて、この場面で次打者の初球にはどんなボールを投げているのでしょうか。「四球後の初球だったので甘い球が来ると思っていました」等のコメントをする選手もいます。一方で、投手はコントロールに苦しんでいるので、初球からストライクが欲しいはずです。しかし初球を狙われ… 続きを読む

松坂大輔と髙橋光成、2人の投手を比べてみる! タイムリーdata vol.58

 西武のルーキー・髙橋光成が見事な活躍を披露しています。8月には4勝1敗、防御率2.96を記録し、あの松坂大輔を抜いて史上最年少での月間MVPを獲得。9月6日のロッテ戦でも勝ち星を挙げ、これで5勝目となりました。今回はその髙橋と、1年目の松坂を比較していきたいと思います。 続きを読む

シーズン終盤、9月に爆発したチーム・選手を振り返る

 ペナントレースもいよいよ終盤の9月に突入。リーグ優勝はもちろん、クライマックスシリーズ進出権を賭けた3位争い、そして個人タイトルの行方にも注目が集まってきます。今回は9月をテーマにして話を進めていきましょう。 続きを読む

西武ライオンズ・中村剛也、リーグ記録への挑戦 タイムリーdata vol.54

 日本球界を代表するホームランアーティスト・中村剛也(西武)。8月23日終了時点でリーグ最多の33本塁打を放っており、自身6度目の本塁打王に向けて視界は良好です。さらに今季の中村は、とある「パ・リーグ記録」を更新する可能性も持っています。それはシーズン打点記録です。ここまで114試合の出場で109打点を挙げている中村。このペースでいけば、143試合終了時点で135.8打点。高いハードルにはなりま… 続きを読む

【号外動画コラム】祝!中村剛也300本塁打の軌跡

300本塁打をプレイバック!  2015年7月24日、西武-日本ハムの4回裏、この回先頭の中村剛也が2ボール2ストライクから大谷翔平のスライダーを捉えると、雄大な放物線は西武ファンの待つレフトスタンドへ。これが史上41人目の300本塁打、史上281人目の1000本安打を同時に達成する記念すべきアーチとなりました。 節目の記録を祝して、Baseball LABでは「中村剛也300本塁打の軌跡」を映画のエンドロール風に紹… 続きを読む