TODAY'S HOT
  • 1992年7月6日 Happy Birthday!! 大下佑馬(ヤクルト) 28歳
  • 1940年7月6日 沢村栄治(巨人)がノーヒットノーランを達成。 (vs.名古屋)
  • 1966年7月6日 井石礼司(東京)が1試合で満塁本塁打とサヨナラ本塁打を達成。 (vs.近鉄)
  • 1976年7月6日 平松政次(大洋)が投手で3試合連続本塁打を達成。 (vs.中日)
  • 1991年7月6日 Happy Birthday!! ロドリゲス(日本ハム) 29歳
  • 2002年7月6日 ラミレス(ヤクルト)が1試合9打点を達成。 (vs.広島)
  • 1994年7月6日 Happy Birthday!! 宗接唯人(ロッテ) 26歳
  • 1989年7月6日 Happy Birthday!! 高濱卓也(ロッテ) 31歳
  • 1993年7月6日 今中慎二(中日)が1試合16奪三振を達成。 (vs.ヤクルト)
コラム COLUMN

球速比率で見るスライダーの性質

山内 優太

最も投げられている変化球

 言うまでもなく投球の基本は全投球の約半数を占めるストレートだ。しかし、投手はストレートだけで抑えることは難しく、ありとあらゆる球種を駆使して打者を打ち取りにかかる。そんな中で最も多くの投手が投げる変化球がスライダーだ。今季NPBで一軍のマウンドに上がった347人のうち、約90%にあたる305人が投じており、ストレートを除くと最も投球割合の高い球種となっている。では、スライダーには一体どのような特徴があるのだろうか。今回はスライダーの球速に着目し、それぞれの性質を探っていきたい。

ストレートが速いほどスライダーも速い

 まず、スライダーはどのような球種なのだろうか。そこで、今季のNPBでストレートとスライダーをそれぞれ100球以上投げた143投手を対象に、ストレートとスライダーの平均球速を散布図にしたのが図1だ。横軸にストレートの平均球速、縦軸にスライダーの平均球速を示している。これを見ると、基本的にストレートとスライダーの球速には相関関係があり、ストレートが速い投手はスライダーも速いことが分かる。しかし、美馬学(楽天)と玉井大翔(日本ハム)のように、ストレートの平均が140キロ台中盤と同程度であっても、スライダーの平均が約20キロ異なるケースが見受けられるなど、例外もあるようだ。


――この記事の続きは「BASEBALL GATE」でご覧ください。