TODAY'S HOT
  • 1999年7月22日 ローズ(横浜)が1試合最多打点セ・リーグタイ記録(=10)を達成。 (vs.ヤクルト)
  • 2008年7月22日 細川亨(西武)が1イニング最多得点(=2)を達成。 (vs.楽天)
  • 2002年7月22日 小坂誠(ロッテ)が通算200盗塁を達成。 (vs.オリックス)
  • 2008年7月22日 中村剛也(西武)が1イニング最多得点(=2)を達成。 (vs.楽天)

コラム COLUMN RSS

2015年7月 のコラム一覧

オールスターで生まれた好記録・珍記録 タイムリーdata vol.48

 今週17、18日にオールスターゲームが行われます。今年は17日に東京ドーム、18日はマツダスタジアムで開催される夢の球宴。今回は過去のオールスターで生まれたさまざまな記録について振り返ってみたいと思います。 続きを読む

両打ちの利点とは?スイッチヒッターに迫る

※文章、表中の数字はすべて7月7日終了時点 今年のオールスターは、巨人・鈴木尚広がプロ19年目で初選出。一方、パ・リーグのトピックスとしては、今回最年長で選ばれた楽天・松井稼頭央が初めて外野手で出場します。そしてその両者の共通点は、ともにスイッチヒッターという点です。今回はスイッチヒッターにスポットライトを当てていきます。 続きを読む

パ・リーグ首位打者を争う秋山、柳田の変化と成長 タイムリーdata vol.47

 西武・秋山翔吾、ソフトバンク・柳田悠岐。1988年生まれの両外野手によるパ・リーグの首位打者争いは、お互い一歩も譲らない展開が続いています。7月最初のソフトバンク対西武の2連戦では、両者共に3安打を放ちました。ハイペースで安打を積み重ねる秋山と柳田。今回のコラムでは両選手にどのような変化があったのかを紹介します。(※データは7月5日終了時点) 続きを読む

「初速」と「終速」の差が小さければ良いストレートなのか?

「初速」「終速」を測れるPITCHf/x  PITCHf/xなどのトラッキングシステムで収集できる球速データにはリリースポイントで測る「初速」と打者の手元で測る「終速」があります。 野球界ではよく「あの投手は初速と終速の差が小さいストレートを投げる良い投手だ」という話が出てきます。私もこの言葉を野球観戦中に使ったことがあるような気はしますが、そのときは実際にスピードガンで計測しているわけでは… 続きを読む