TODAY'S HOT
  • 2012年6月3日 金本知憲(阪神)が通算1500打点を達成。 (vs.日本ハム)
  • 1978年6月3日 王貞治(巨人)が通算2500試合出場を達成。 (vs.広島)
  • 2000年6月3日 Happy Birthday!! 引地秀一郎(楽天) 20歳
  • 2012年6月3日 山口鉄也(巨人)がセ・リーグタイ記録の開幕から24試合連続無失点を達成。 (vs.オリックス)
  • 1992年6月3日 Happy Birthday!! 加藤貴之(日本ハム) 28歳
  • 1995年6月3日 Happy Birthday!! 齊藤大将(西武) 25歳
  • 1997年6月3日 Happy Birthday!! 柘植世那(西武) 23歳
  • 2005年6月3日 小坂誠(ロッテ)が通算250盗塁を達成。 (vs.阪神)
  • 1974年6月3日 掛布雅之(阪神)が佐伯和司からプロ初本塁打を記録。(vs.広島)
  • 1997年6月3日 Happy Birthday!! 小川一平(阪神) 23歳
  • 2000年6月3日 巨人が球団通算4500勝を達成。 (vs.中日)
チーム情報 TEAM

東京ヤクルトスワローズ2020

S

コラム COLUMN RSS

ヤクルトの打撃3部門タイトル独占はなるか? タイムリーdata vol.61

 昨日の試合に勝利し、ついに優勝マジック3が点灯したヤクルト。ここまでの快進撃は、チーム最多の13勝を挙げている石川雅規を筆頭に投手陣の活躍は欠かせない部分ですが、やはりリーグ最多得点を誇る打撃陣の働きが大きな要因でしょう。その強力打線の中でも、打率・本塁打・打点のいわゆる打撃3部門でトップに立つ3選手の活躍が目覚ましいところ。打率.334の川端慎吾、37本塁打の山田哲人、103打点の畠山… 続きを読む

XRでプロ野球の歴史を振り返る

 今年は日本でプロ野球が発足してから81年、2リーグ分裂から66年目の年になります。スター選手の活躍、球団の誕生、消滅、道具の発達、球場の改修、これらの変化の中でプロ野球はどのように変わっていったのでしょうか。今回はセイバーメトリクス指標であるXRを用いて「プロ野球の得点の生み出され方がどのように変わっていったか」に着目しながらプロ野球の歴史の一部を振り返ってみたいと思います。 続きを読む

得失点差がリーグワーストタイで2位?不思議な阪神の優勝争い タイムリーdata vol.59

 近年まれに見る混戦となっている今季のセ・リーグ。現在、首位と0.5ゲーム差で2位につける阪神タイガースは、チーム成績で失点が得点を上回る状況です。得点から失点を引いた数は-75となり、これは今季リーグワーストタイとなっています。 点取りゲームである野球において、なぜそのような得失点でありながら優勝争いが可能なのでしょうか。過去の類似した状況のチームと比較しながら紹介します。(※デー… 続きを読む

サファテのストレートは藤川を超えた!? タイムリーdata vol.57

 ソフトバンクの守護神・サファテの奪三振が止まりません。8月2日の西武戦で、29イニング連続奪三振のNPB新記録を樹立。その後も三振を奪い続け、9月6日の段階で記録を41まで伸ばしています。今回のコラムでは、今季のサファテの三振と、その生命線であるストレートについて紹介します。(※データは9月6日終了時点) 続きを読む

シーズン終盤、9月に爆発したチーム・選手を振り返る

 ペナントレースもいよいよ終盤の9月に突入。リーグ優勝はもちろん、クライマックスシリーズ進出権を賭けた3位争い、そして個人タイトルの行方にも注目が集まってきます。今回は9月をテーマにして話を進めていきましょう。 続きを読む