TODAY'S HOT
  • 1994年12月10日 Happy Birthday!! 西川龍馬(広島) 25歳
コラム COLUMN

打者の「タイプ」とは?

Baseball LAB編集部

打撃成績から打者のタイプを分ける

Baseball LABでは、選手の特徴を直感的にイメージできるよう、過去のデータを用いたタイプ分類を試みている。

打者は過去30年の年度別打撃成績(単打、二塁打、三塁打、本塁打、三振、四球、死球、犠打、犠飛、盗塁、併殺打、三振以外の凡打)を基に分けており、5タイプの分類を「打撃タイプ」、20タイプの分類を「プレーヤータイプ」として表した。つまり、選手の特徴を大まかに分けたものが5タイプ、細かく分けたものが20タイプとなる。

算出手法の概要は次の通りとなる。まず、年度ごとに打席あたりの打撃結果割合を計算する。そして「打撃タイプ」は年間150打席以上、「プレーヤータイプ」は年間300打席以上の選手を対象に割合を偏差値化し、抽出した偏差値を非階層型のクラスタリング手法で分析した。この結果を基に、Baseball LAB編集部でタイプ名を作成した。

選手個人ページでは2013年シーズンのタイプを掲載しており、300打席以上の打者は「打撃タイプ」「プレーヤータイプ」の両方を、150~299打席の打者は「打撃タイプ」のみを掲載している。それでは、各タイプを具体的に解説していこう。

打撃タイプ(大まかに分けたタイプ)

ミートタイプ

三振が少なく、三振以外の凡打は多い。ミート力が高いだけでなく、単打狙いや早打ちの打者も多く集まる。

パワータイプ

本塁打が多い一方で、三振も多い。単打や三振以外の凡打は少なく、パワフルなスイングの打者が目立つ。

スピードタイプ

盗塁や単打、三塁打の多さが特徴。俊足の選手が多く集まっており、併殺打は少ない。

バランスタイプ

打撃成績に大きな穴がない。二塁打、本塁打、四球はやや多めで、他の4タイプには当てはまらない打者が集まる。

ディフェンスタイプ

犠打が多く、本塁打や四球は少ない。打力よりも守備力を期待される打者や、捕手が多く集まる。

プレーヤータイプ(細かく分けたタイプ)

俊足巧打

「スプリンター」タイプに次いで盗塁が多く、本塁打は少ない。内野安打で単打を量産するようなタイプ。2013年は岡田幸文荻野貴司などが当てはまる。

好打者

二塁打、三塁打が多いタイプ。打率も高く、サイクル安打を狙えそうな打者が多く集まる。2013年はルナ長谷川勇也などが当てはまる。

コンタクトヒッター

三振や四球が少なく、単打の多いタイプ。高打率を残せる打者が多い。2013年は銀次内川聖一などが当てはまる。

ラインドライブ

大きな穴がなく、単打、二塁打が多いタイプ。レベルスイングで鋭い打球を放つ打者が多く集まる。2013年は長野久義鳥谷敬などが当てはまる。

本塁打か三振

本塁打が多い一方で、三振もかなり多いタイプ。過去の例ではブライアント(元近鉄)が代表的。2013年はブランコ柳田悠岐などが当てはまる。

大砲

本塁打と三振が多いタイプだが「本塁打か三振」タイプほど極端ではない。2013年はアブレイユ中田翔などが当てはまる。

タフガイ

本塁打と三振が多く、さらに死球も多いタイプ。過去の例では清原和博(元西武など)が代表的。2013年は該当者なし。

規格外パワー

本塁打と四球が極めて多いタイプで、三振も多い。2013年では60本塁打を放ったバレンティンが当てはまる。

スプリンター

盗塁が極めて多く、三塁打や単打も多い。赤星憲広(元阪神)は2001~2005年まで5年連続でこのタイプ。2013年は該当者なし。

三塁打メーカー

三塁打と単打が多いものの、盗塁はそれほど多くないタイプ。2013年では角中勝也鈴木大地などが当てはまる。

アスリート

盗塁と単打が多く、さらに長打も平均程度打てるタイプ。2013年は糸井嘉男陽岱鋼などと運動神経に優れた打者が並ぶ。

俊足好守

単打、三塁打、犠打、盗塁が多く、本塁打と併殺打が少ないタイプ。守備力を買われている選手が多く、2013年は大和本多雄一などが当てはまる。

強打者

二塁打、本塁打がやや多く、犠打が少ないタイプ。中軸を任される打者が多い。2013年は井口資仁浅村栄斗などが当てはまる。

ガッツマン

とにかく死球が多いタイプで、四球は少ない。踏み込んでいく打者が多く、2013年は金城龍彦廣瀬純などが当てはまる。

選球眼

四球と本塁打が多いタイプだが、「規格外パワー」タイプほど多くはない。2013年は阿部慎之助栗山巧が当てはまる。

中距離ヒッター

本塁打より二塁打が目立つタイプで、単打や三塁打はやや少ない。スイングが鋭く三振は多い。2013年は新井貴浩新井良太などが当てはまる。

パンチ力

二塁打がやや目立つタイプ。ベテランで足の速くない打者が多いため、併殺打は多く、盗塁は少ない。2013年は谷繁元信畠山和洋などが当てはまる。

つなぎ役

犠打の多いタイプだが「バント職人」ほどの多さではない。2013年は大引啓次嶋基宏などが当てはまる。

バント職人

犠打が圧倒的に多いタイプ。かつて川相昌弘(元巨人)は9年連続このタイプだった。2013年は安達了一今宮健太などが当てはまる。

守備メイン

三振の少ないタイプでミート中心の打撃が目立つ。犠打は多く、守備職人や捕手が多く入る。2013年は炭谷銀仁朗藤田一也などが当てはまる。