TODAY'S HOT
  • 1970年7月7日 村山実(阪神)が通算200勝を達成。 (vs.大洋)
  • 1994年7月7日 平野謙(ロッテ)が通算1500安打を達成。 (vs.ダイエー)
  • 2007年7月7日 村松有人(オリックス)が通算1500試合出場を達成。 (vs.楽天)
  • 1998年7月7日 小笠原道大(日本ハム)が盛田幸妃からプロ初本塁打を記録。(vs.近鉄)
チーム情報 TEAM

千葉ロッテマリーンズ2020

M

コラム COLUMN RSS

楽天投手陣に見る、カーブの活用法

0ストライクからカーブを狙う打者は少ない  野球の長い歴史と共に、多種多様な発展を遂げてきた変化球。近年では、シュート(ツーシームやワンシームもこれに類する)やカットボールといったムービング系の球種が隆盛を極めている。高速で小さく変化させることでバットの芯を外すことに主眼を置いたこれらのボールは、うまく機能すれば少ない球数で凡打の山を築けるため、特に先発投手にとっては習得する価… 続きを読む

「試合時間」を左右するもの

1試合5時間を超えるスポーツ、野球  MLBでは今季から「敬遠申告制」が導入されていることをご存じだろうか。審判に申告すれば、その時点で打者を一塁に歩かせることができ、投球せずとも敬遠を実行できるというルールだ。MLB機構はこの施策を試合時間短縮の一環としているが、仮にNPBでも採用された場合、果たしてどれくらいの時間を短縮できるのだろうか。そこで今季のNPBで敬遠1回あたりに要した時間を算… 続きを読む

開幕ダッシュのチームが逃げ切る確率は31.8%

 セ・リーグは広島が、パ・リーグは楽天が好スタートを切りました。特に楽天は4月後半の時点で二ケタの貯金を積み上げるなど、昨季5位に沈んだチームとは思えない好調ぶりで春の戦国パ・リーグを盛り上げています。さて、今回はデータ分析というよりも統計、集計にカテゴリーされるテーマです。すなわち、25試合を終えた時点で勝率トップのチームが、どれくらいの割合でリーグ優勝までたどり着けたのか。2007年… 続きを読む

グラフィックデザイン:相河俊介

オープン戦のデータから新人投手の投球スタイルを考察する

新人投手を3つの指標で分析する  4月6日は新人投手の門出の日となった。16時20分、楽天の高梨雄平が今季セパ新人の白星一番乗りを果たすと、その約1時間後にはロッテの佐々木千隼が初先発初勝利。高梨、佐々木はともにオープン戦から結果を残し、首脳陣の期待に応えている。 佐々木はローテーションの都合により開幕一軍ではなかったものの、今年は12球団で15人(投手10人、野手5人)の新人が開幕一軍入り… 続きを読む

“ブロック禁止ルール”が影響を及ぼす4つのシーン タイムリーdata vol.82

 今季から野球規則が改正され、コリジョン(衝突)ルールが導入されます。これにより本塁上での衝突プレー、および捕手のブロックなどが禁止。同ルール導入に合わせて、ビデオ判定が本塁でのクロスプレーにも適用されるようになり、ホームベースを巡るプレーは一段と注目を集めるようになるでしょう。今回は2015年のデータをもとに、コリジョンルールの影響でより積極的にホームを狙う可能性のある走塁シー… 続きを読む