TODAY'S HOT
  • 2007年9月26日 中村紀洋(中日)が通算1500安打を達成。 (vs.巨人)
  • 1995年9月26日 Happy Birthday!! 和田恋(巨人) 22歳
  • 1993年9月26日 Happy Birthday!! 塚田貴之(オリックス) 24歳
  • 2012年9月26日 宮本慎也(ヤクルト)が通算400犠打を達成。 (vs.阪神)
  • 2007年9月26日 工藤公康(横浜)がセ・リーグ最年長安打を記録。 (vs.阪神)
  • 1991年9月26日 真弓明信(阪神)が通算3000塁打を達成。 (vs.ヤクルト)
  • 1978年9月26日 宇野勝(中日)が谷村智啓からプロ初本塁打を記録。(vs.阪神)
  • 1988年9月26日 Happy Birthday!! 大野雄大(中日) 29歳
コラム COLUMN

開幕ダッシュのチームが逃げ切る確率は31.8%

Baseball LAB編集部

グラフィックデザイン:相河俊介

 セ・リーグは広島が、パ・リーグは楽天が好スタートを切りました。特に楽天は4月後半の時点で二ケタの貯金を積み上げるなど、昨季5位に沈んだチームとは思えない好調ぶりで春の戦国パ・リーグを盛り上げています。さて、今回はデータ分析というよりも統計、集計にカテゴリーされるテーマです。すなわち、25試合を終えた時点で勝率トップのチームが、どれくらいの割合でリーグ優勝までたどり着けたのか。2007年からの過去10年の両リーグのデータを用いて集計しました。

 結論はすでに本稿のタイトルとなっていますが、逃げ切る確率は31.8%。これを低いと見るか高いと見るかは難しいところですが、おおむねシーズン折り返しの地点である75試合終了時点の勝率トップチームでも優勝確率57.1%(!)という結果を見ると、それなりに妥当な数字であるのかもしれません。付け加えると25試合時点での勝率の高さは、シーズンの結果とそれほど関係が無いようです。その時点で勝率7割越えのチームは4チームありましたが、結果的に優勝できたのは2009年の巨人ただ1チームだけでした。

――この記事の続きは「BASEBALL GATE」でご覧ください。