TODAY'S HOT
  • 2006年5月21日 高山久(西武)が1試合最多二塁打(=3)を達成。 (vs.横浜)
  • 2003年5月21日 堀幸一(ロッテ)が通算1500試合出場を達成。 (vs.オリックス)
  • 2006年5月21日 清原和博(オリックス)が通算1500打点を達成。 (vs.阪神)

コラム COLUMN RSS

タグ:ソフトバンク のコラム一覧

「ホームランテラス」だけでは、柳田悠岐の30本塁打を説明できない

 パ・リーグ制覇に向けて快走するチームの中で、柳田悠岐の存在感が抜けています。昨年の活躍ですっかりソフトバンクの中心選手となりましたが、今年の活躍はそれを上回るものがあります。リーグで13年ぶりとなるトリプルスリーもほとんど手中に収め、このままソフトバンクがペナントを制すればリーグMVP候補の最右翼となるでしょう。 昨年から大きく変化したスタッツとして、本塁打の増加が目に留まります… 続きを読む

サファテのストレートは藤川を超えた!? タイムリーdata vol.57

 ソフトバンクの守護神・サファテの奪三振が止まりません。8月2日の西武戦で、29イニング連続奪三振のNPB新記録を樹立。その後も三振を奪い続け、9月6日の段階で記録を41まで伸ばしています。今回のコラムでは、今季のサファテの三振と、その生命線であるストレートについて紹介します。(※データは9月6日終了時点) 続きを読む

シーズン終盤、9月に爆発したチーム・選手を振り返る

 ペナントレースもいよいよ終盤の9月に突入。リーグ優勝はもちろん、クライマックスシリーズ進出権を賭けた3位争い、そして個人タイトルの行方にも注目が集まってきます。今回は9月をテーマにして話を進めていきましょう。 続きを読む

今季から日本でプレーする外国人選手に迫る! タイムリーdata vol.52

 7月31日をもって、シーズン中の新規に選手を獲得できる期間が終了しました。その31日に楽天がムリーロとの契約を発表するなど、今季も多くの球団に外国人選手が入団しました。今回は活躍が目立っている今季新加入の外国人投手を紹介していきます。(※データは8月1日終了時点) 続きを読む

過去20年間の「前半戦終了時順位」を参考に、今後の注目ポイントを考える。 タイムリーdata vol.50

 オールスターブレークを挟み、今日から後半戦が始まります。前半戦はDeNAとソフトバンクがそれぞれ首位で折り返しました。今回のタイムリーdataでは、過去20年間の「前半戦終了時順位」を参考に、今後の注目ポイントを押さえたいと思います。 続きを読む