TODAY'S HOT
  • 1998年5月20日 駒田徳広(横浜)が1試合一塁手最多失策(=3)を記録。 (vs.ヤクルト)
  • 1978年5月20日 松原誠(大洋)が通算3000塁打を達成。 (vs.阪神)
  • 1989年5月20日 清原和博(西武)が1試合最多四球(=5)を達成。 (vs.ダイエー)

コラム COLUMN RSS

タグ:セ・リーグ のコラム一覧

山田哲人の今シーズン終了時の成績は打順によってどの程度影響を受けるのか

 今年のペナントレースもいよいよ後半戦に突入しました。セ・リーグは後半戦開幕後も混戦模様が続いており益々目が離せません。そんなセ・リーグの中でも一際注目を集めているのが、ヤクルトの山田哲人です。7/25試合終了時点で打率.326 22本塁打、57打点、17盗塁、115安打、出塁率.412と、いずれもリーグ3位以内の好成績を残しており、トリプルスリーや、本塁打王、盗塁王など、さまざまな記録達成やタイ… 続きを読む

過去20年間の「前半戦終了時順位」を参考に、今後の注目ポイントを考える。 タイムリーdata vol.50

 オールスターブレークを挟み、今日から後半戦が始まります。前半戦はDeNAとソフトバンクがそれぞれ首位で折り返しました。今回のタイムリーdataでは、過去20年間の「前半戦終了時順位」を参考に、今後の注目ポイントを押さえたいと思います。 続きを読む

プロと球児と都道府県

 夏本番を目前に控え、全国各地で夏の甲子園大会の予選が始まっています。ひと足早く開幕していた沖縄や北海道ではすでに勝者が絞り込まれ、間もなく地方大会におけるクライマックスの瞬間を迎えます。甲子園を目指す高校球児の数は全国で約17万人。甲子園のベンチに入れる選手は49代表校を合わせても最大で882人ですから、一握りの選手だけに許された、本当に特別な場所であることが分かります。 続きを読む

優勝確率0%から復活なるか タイムリーdata vol.46

 セ・リーグでは近年まれに見る混戦が繰り広げられています。交流戦でリーグ全体が大きく負け越したことで、先月23日には全チーム貯金なしという史上初の珍事も起こりました。さて今回はそんな前半戦の中でも、間違いなくリーグを盛り上げたDeNAに、スポットを当ててみたいと思います。(※文章・表中の数字はすべて7月1日終了時点) 続きを読む

オールスターファン投票初選抜選手。“1位”のデータを紹介します! タイムリーdata vol.45

 26日にオールスターファン投票の結果が発表されました。出場が決まった23選手のうち、初めて「ファン投票1位」に輝いたのは計10名です。今回のコラムでは、その10人がランキング“1位”になっているデータを紹介したいと思います。(※文章・表中の数字はすべて6月25日終了時点) 続きを読む