TODAY'S HOT
  • 1991年7月23日 Happy Birthday!! カラシティー(ヤクルト) 27歳
  • 1989年7月23日 Happy Birthday!! 塚田正義(ソフトバンク) 29歳
  • 1976年7月23日 王貞治(巨人)が通算700本塁打を達成。 (vs.大洋)
  • 2002年7月23日 元木大介(巨人)が通算1000試合出場を達成。 (vs.阪神)
  • 1989年7月23日 真弓明信(阪神)が通算250本塁打を達成。 (vs.巨人)
  • 1988年7月23日 Happy Birthday!! 福田永将(中日) 30歳
  • 1994年7月23日 Happy Birthday!! 相内誠(西武) 24歳
コラム COLUMN

広島東洋カープ 黄金時代の死角

佐々木 浩哉

ペナントレースの絶対的本命

 プロ野球の開幕が近づき、メディアを通じて今季の順位予想を目にする機会が増えてきた。パ・リーグは昨季日本一に輝いたソフトバンク、セ・リーグは二連覇中の広島を推す声が大きいようだ。ディフェンディングチャンピオンが優勝候補に挙がるのは自然なことだが、両球団とも揺るぎない本命として強く認識されているように感じられる。

 特に広島については2年続けて2位に大差をつけてのリーグ制覇とあって、本命から外すのは困難であるとすら言える。昨季は8月8日に球団史上最速となるマジック33を点灯させ、最後は阪神に10ゲーム差をつけて連覇を達成(表1)。一時は優勝日のリーグ最短記録(9月8日、1990年巨人)を更新するのではないか、というスピードで白星を積み重ねていった(9月18日に優勝)。

 得点と失点の関係からチームの妥当な勝率を予測するピタゴラス勝率という指標を用いても(表2)、昨季の広島の独走がフロックではなかったことが確かめられる。昨季は得失点差にしてプラス196を計上し、予測勝率は.650に達した。実際の勝率は.633だったので、もっと勝っていても不思議ではないほどの成績を残していたことになる。とりわけ得点力の高さは他球団を圧倒していて、昨季の広島については明確に打のチームであったことが数字の上から読み取ることができる。


――この記事の続きは「BASEBALL GATE」でご覧ください。