TODAY'S HOT
  • 1971年6月17日 大島康徳(中日)が石岡康三からプロ初本塁打を記録。(vs.ヤクルト)
  • 2008年6月17日 関本賢太郎(阪神)が1試合最多犠打(=4)を達成。 (vs.楽天)
  • 2009年6月17日 吉村裕基(横浜)が全打順本塁打を記録。 (vs.オリックス)
  • 1971年6月17日 大島康徳(中日)がプロ初出場を記録。(vs.ヤクルト)
  • 1998年6月17日 桑田真澄(巨人)が通算2000投球回を達成。 (vs.中日)
  • 1971年6月17日 大島康徳(中日)が会田照夫からプロ初安打を記録。(vs.ヤクルト)
チーム情報 TEAM

広島東洋カープ2020

C

コラム COLUMN RSS

坂本勇人の「脱・プルヒッター」は吉か、凶か

引っ張り中心の打撃は卒業?  5月10日の阪神戦、2打席連続で右方向への本塁打を放ち、お立ち台に上った巨人・坂本勇人。昨年は初の首位打者、ゴールデン・グラブ賞など4つの年間タイトルを獲得し、3月にはWBCに主力として出場するなど、名実ともに日本を代表する遊撃手となっている。 近年、打撃面で特徴的なのは逆方向への打球が増えたことだろう。かつての坂本は内角をうまくさばく姿が印象的だったが、… 続きを読む

「試合時間」を左右するもの

1試合5時間を超えるスポーツ、野球  MLBでは今季から「敬遠申告制」が導入されていることをご存じだろうか。審判に申告すれば、その時点で打者を一塁に歩かせることができ、投球せずとも敬遠を実行できるというルールだ。MLB機構はこの施策を試合時間短縮の一環としているが、仮にNPBでも採用された場合、果たしてどれくらいの時間を短縮できるのだろうか。そこで今季のNPBで敬遠1回あたりに要した時間を算… 続きを読む

開幕ダッシュのチームが逃げ切る確率は31.8%

 セ・リーグは広島が、パ・リーグは楽天が好スタートを切りました。特に楽天は4月後半の時点で二ケタの貯金を積み上げるなど、昨季5位に沈んだチームとは思えない好調ぶりで春の戦国パ・リーグを盛り上げています。さて、今回はデータ分析というよりも統計、集計にカテゴリーされるテーマです。すなわち、25試合を終えた時点で勝率トップのチームが、どれくらいの割合でリーグ優勝までたどり着けたのか。2007年… 続きを読む

グラフィックデザイン:相河俊介

広島、日本ハムが連覇するために必要なもの

 昨季は広島がセ・リーグを、日本ハムがパ・リーグを制してそれぞれリーグチャンピオンに輝いた。25年ぶりのリーグVとなった広島の盛り上がりは大きな注目を集め、また日本ハムも二刀流・大谷翔平の投打にわたる活躍などがメディアを多いににぎわせた。ともにディフェンディングチャンピオンとして迎える2017年のペナントレースで、果たして両軍は連覇を果たすことができるのか。データの面から可能性を探りた… 続きを読む

“ブロック禁止ルール”が影響を及ぼす4つのシーン タイムリーdata vol.82

 今季から野球規則が改正され、コリジョン(衝突)ルールが導入されます。これにより本塁上での衝突プレー、および捕手のブロックなどが禁止。同ルール導入に合わせて、ビデオ判定が本塁でのクロスプレーにも適用されるようになり、ホームベースを巡るプレーは一段と注目を集めるようになるでしょう。今回は2015年のデータをもとに、コリジョンルールの影響でより積極的にホームを狙う可能性のある走塁シー… 続きを読む