TODAY'S HOT
  • 2001年7月27日 後藤光貴(西武)が1球勝利を記録。 (vs.日本ハム)
  • 1987年7月27日 Happy Birthday!! ギルメット(ヤクルト) 30歳
  • 2007年7月27日 三浦大輔(横浜)が連続イニング無失点(=35)を達成。 (vs.阪神)
  • 2012年7月27日 杉内俊哉(巨人)が13球団勝利を達成。 (vs.広島)
  • 1989年7月27日 Happy Birthday!! 伊東亮大(楽天) 28歳
  • 2003年7月27日 城島健司(ダイエー)が1試合最多安打(=6)を達成。 (vs.オリックス)
  • 1984年7月27日 Happy Birthday!! 西岡剛(阪神) 33歳
  • 2003年7月27日 ダイエーが1試合最多安打(=32)を達成。 (vs.オリックス)
コラム COLUMN

スピードガンも嘘をつく

佐々木 浩哉

自己最速の148キロ

 そのことに初めて気付いたのは、西武の野上亮磨が投げているのを見ていた5月6日のことだった。自身3勝目をかけてメットライフドーム(旧名・西武プリンスドーム)の先発マウンドに上がった野上は、初回から140キロ中盤のストレートを連発。野上といえば多彩な変化球と破たんのないコントロールでゲームをつくっていくタイプで、総合力で勝負する投手のイメージが強い。しかし最速で148キロをたたきだしたこの日の野上の姿は、明らかにこれまで見たことのないものだった(昨季までのストレートの最速は147キロ)。

 ただどこか違和感を覚えたのは、野上自身がそれほど力を入れて投げているようには見えなかったことだった。また、ストレートの割合がそこまで高くない、いつものバランスの取れた配球のように見えたこと。そして、対戦した楽天打線に初回から捉まって5点を献上し、3回で降板に追い込まれていたこと(表1)。この日の野上はどう見ても好調な姿には映らなかった。

 そこで抱いた疑念は、今年のメットライフドームはスピードガンが甘めに出ているのではないか、ということだった。表2は西武に所属する投手がメットライフで登板した際の、過去3年分のストレート平均球速を表している。野上は2016年の138.7キロから3.5キロの上昇が確認でき、他の投手も軒並み球速の向上が認められる。


――この記事の続きは「BASEBALL GATE」でご覧ください。