TODAY'S HOT
  • 1977年4月29日 山下大輔(大洋)が2試合連続初回先頭打者本塁打を達成。 (vs.阪神)
  • 1982年4月29日 落合博満(ロッテ)が1試合最多本塁打(=3)を達成。 (vs.阪急)
  • 1996年4月29日 Happy Birthday!! 戸川大輔(西武) 20歳
  • 1982年4月29日 Happy Birthday!! 内海哲也(巨人) 34歳
  • 2005年4月29日 清原和博(巨人)が通算500本塁打を達成。 (vs.広島)
  • 1992年4月29日 Happy Birthday!! 加藤匠馬(中日) 24歳
  • 1997年4月29日 ローズ(横浜)がサイクルヒットを達成。 (vs.ヤクルト)
コラム COLUMN

ゴロアウトに隠された秘密 ~「GET!ファイターズ」での特集~

新井 雄太

 6/27に「GAORA SPORTS」で放送された番組「GET!ファイターズ」に、野球分析担当としてVTR出演しました。


 番組内では「ゴロアウトに隠された秘密」というテーマで、チームのゴロ割合やゴロ打球が安打長打になる確率などのデータを紹介しました。今回は番組内ではお届けしきれなかった情報も含めて補足的に紹介したいと思います。

ゴロを打たせる日本ハム投手陣


 日本ハムの投手陣にはここ数年、共通したある特徴があります。それは相手打者にゴロを打たせていることです。フィールドに飛んだ打球がゴロ打球になる確率は49.5%とここまでリーグトップの数字を残しています。
 ちなみに2014・15年もリーグトップのゴロ割合をマークしているので、今季だけ特別に数字が高いというわけではありません。

 個々の選手で見ると、バース投手が62.9%とリーグ内でもトップクラスの数字を記録。その他にも有原航平投手、大谷翔平投手、メンドーサ投手がそれぞれ50%を越えるゴロ割合をマークしています。

ゴロを打たせるメリットとは?

 投手がゴロを打たせる一番のメリットは、フライやライナーに比べて安打や長打になりにくい点です。フライ打球は外野手の頭を越えると高い確率で長打になります。当然ながら本塁打もフライ性の打球でしか打つことはできません。一方で、ゴロ打球で長打を記録する場合は一塁線、三塁線を抜くしかまともな方法がありません。この辺りは実際の試合をイメージしていただけると分かりやすいかと思います。

 実際に今季の数字で見ても、ゴロ打球が長打になる確率はわずか0.9%しかありません。一方でフライやライナーでは15.1%となっており、はっきりと差が出ています。長打だけでなく安打も同様の傾向があるのはデータを見ていただくと一目瞭然かと思います。

 ゴロを打たせるということは、安打や長打のリスクを軽減することになり、安打や長打のリスクを軽減することで失点のリスクをも軽減することになるのです。

ゴロを打たせる方法は?

 では、どうすれば相手打者にゴロを打たせることができるのでしょうか。今回はゴロ割合の高いバース投手を例に検証してみましょう。

 まず1つは球種です。ゴロを打たせるにはバットの芯を外すようなボールが非常に有効なため、シュートやツーシーム、カットボールといったボールがゴロになりやすい傾向があります。バース投手も得意のツーシームで多くのゴロを打たせていることがデータからも分かります。

 もう1つは解説の岩本勉さんもお話しいただいていた、低めへのボールです。基本的にボールを低めに集めるほどゴロになる確率は高くなっていきます。バース投手も高めのボールと低めのボールでは20%近くゴロ割合が変わってきます。低めへの制球が重要とはよく言われますが、ゴロ打球にとっても非常に重要な項目といえるでしょう。

※ゴロ打球の話題に興味がある方は是非下記の記事もご覧ください。


 番組ではこれら様々なデータをご覧いただいた岩本勉さん、建山義紀さんの両解説者にも解説していただいて、見ごたえ十分の内容になっています。

 番組内ではデータコーナー以外にも、先日プロ初安打を記録した大嶋匠選手、期待の若手・松本剛選手の特集など見どころ満載な楽しい番組になっています。
 日本ハムファン以外の方でも楽しめる番組だと思いますので、是非ご覧いただければと思います。

※文中、表中のデータは2016年6月29日終了時点