TODAY'S HOT
  • 1966年7月6日 井石礼司(東京)が1試合で満塁本塁打とサヨナラ本塁打を達成。 (vs.近鉄)
  • 1993年7月6日 今中慎二(中日)が1試合16奪三振を達成。 (vs.ヤクルト)
  • 1991年7月6日 Happy Birthday!! ロドリゲス(日本ハム) 29歳
  • 1994年7月6日 Happy Birthday!! 宗接唯人(ロッテ) 26歳
  • 1976年7月6日 平松政次(大洋)が投手で3試合連続本塁打を達成。 (vs.中日)
  • 1940年7月6日 沢村栄治(巨人)がノーヒットノーランを達成。 (vs.名古屋)
  • 1989年7月6日 Happy Birthday!! 高濱卓也(ロッテ) 31歳
  • 1992年7月6日 Happy Birthday!! 大下佑馬(ヤクルト) 28歳
  • 2002年7月6日 ラミレス(ヤクルト)が1試合9打点を達成。 (vs.広島)
コラム COLUMN

プルヒッティングのすすめ

山田 隼哉

基本的に打者は引っ張る

 2月に入り、プロ野球各球団は一斉にキャンプインした。自主トレの期間中から連日、メディアを通じて選手の情報が伝わってきたが、その中に以下のような発言をしている選手を複数人、確認することができた。

「今シーズンは逆方向への打撃を磨きたい」

 おそらく今年に限った話ではなく、例年何人かの選手が、このような目標を掲げてシーズンを迎えている。

 ここでひとつ、素朴な疑問が浮かぶ。

 打者は、引っ張って打つべきなのか、それとも逆方向に打つべきなのか。

 決して二者択一の単純な問題でないことは承知の上で、打球方向と結果の関連性について分析したい。

 まず、前提として、NPB全体の打球方向の傾向を確認しておこう。フェアゾーンを扇状に3分割した場合の右打者のレフト方向と左打者のライト方向を「引っ張り」とし、その逆を「逆方向」、真ん中を「センター」とした。過去10年まで遡ってみると、どのシーズンも引っ張った打球が4割弱を占め、3方向の中で最も多くなっている。

 シーズン400打席以上の打者を個別に見ても、引っ張りの打球よりも逆方向の打球が多い打者は10年間で645人中139人しかおらず、引っ張っている打者の方が圧倒的に多かった。狙っているか狙っていないかは別にして、基本的に打者は引っ張っている、という事実が読み取れる。

――この記事の続きは「BASEBALL GATE」でご覧ください。