TODAY'S HOT
  • 1994年7月7日 平野謙(ロッテ)が通算1500安打を達成。 (vs.ダイエー)
  • 1998年7月7日 小笠原道大(日本ハム)が盛田幸妃からプロ初本塁打を記録。(vs.近鉄)
  • 2007年7月7日 村松有人(オリックス)が通算1500試合出場を達成。 (vs.楽天)
  • 1970年7月7日 村山実(阪神)が通算200勝を達成。 (vs.大洋)
コラム COLUMN

ドラフトレビューコラム~DeNA編~

Baseball LAB編集部

山﨑・石田の両輪に期待!即戦力の活躍が見込まれるDeNA

※ドラフト指名選手の詳細情報はこちら

 有原の指名権を逃したものの、再度抽選となった亜細亜大・山﨑康晃の指名権は獲得。東都大学リーグでは今春のMVPに選ばれるなど実力は申し分ない。
 2位には法政大の石田健大を指名。山﨑とともに、大学ではチームのエースを務める即戦力左腕だ。先発ローテーション候補となる2投手の加入は、頼もしい限りだろう。3位の倉本寿彦は即戦力の内野手で、地元・横浜高出身という点でも活躍が期待される存在だ。
 上位5人が大学・社会人出身と、今回も即戦力の指名が目立った。特に今シーズンオフには育成を含む11投手の戦力外を発表していただけに、山﨑・石田の両輪への期待は大きいことだろう。

左不足の先発陣なだけに、石田はチャンス!

(2014年投手層:DeNAのデプスチャートより)

 2014年のDeNAは先発した左腕が2人だけ(陳冠宇:1試合、尚成:10試合)で、白星はゼロ。山口俊やモスコーソのようにさほど左打者を苦にしない先発右腕を擁してはいるとはいえ、先発左腕不足は深刻だ。
 その意味でも、2位の石田にかかる期待は大きい。加賀美希昇三嶋一輝三上朋也と法政大の先輩投手が多くいる中で、自身の力を存分に発揮してもらいたい。また、4位の三菱日立パワーシステムズ・福地元春も左腕ではあるが、こちらは実績としても救援タイプであり、まずはリリーフでの起用になるだろう。

 ※DeNAのデプスチャート(ポジション別の選手層)はこちら。ドラフトでやトレードや新外国人など、新戦力が入団した際、現状の戦力と比較するのに便利です。

ドラフト会議 TOP