TODAY'S HOT
  • 1991年7月9日 Happy Birthday!! 桂依央利(中日) 29歳
  • 1996年7月9日 渡辺久信(西武)が通算1500奪三振を達成。 (vs.日本ハム)
  • 1985年7月9日 星野伸之(阪急)が芦岡俊明からプロ初奪三振を記録。(vs.ロッテ)
  • 2002年7月9日 松井秀喜(巨人)が通算300本塁打を達成。 (vs.広島)
コラム COLUMN

DeNA・細川成也の現在地

佐藤 優太

指揮官絶賛の有望株

 昨季、19年ぶりの日本シリーズ進出を果たしたDeNA。その中でひときわ大きなインパクトを残したのが、ドラフト5位ルーキーの細川成也だ。10月3日の中日戦でプロ初打席初本塁打の鮮烈なデビューを飾ると、そのままポストシーズンも一軍に帯同。日本シリーズでは高卒新人野手としては史上初の初打席初安打を放つなど、随所で大器の片りんをのぞかせた。そのポテンシャルはラミレス監督も高く評価するところで、2年目の今季は右翼のレギュラーを梶谷隆幸らと争わせることを明言している。

 しかし、細川が順風満帆なルーキーイヤーを送ったかといえば、そうとはいえない。というのも、確かに一軍昇格後の活躍は見事だったが、そこに至る前の二軍では、ほとんどのスタッツで平均未満の数字しか残せなかったからだ(表1)。同学年の坂倉将吾(広島)や鈴木将平(西武)が1年目から二軍の平均を上回るOPSをマークしたのに比べれば、昨季の細川の成績は別段取り立てるほどのものではない。

――この記事の続きは「BASEBALL GATE」でご覧ください。