TODAY'S HOT
  • 2011年10月22日 村田修一(横浜)が通算250本塁打を達成。 (vs.巨人)
  • 1985年10月22日 岡村隆則(西武)が1イニング最多本塁打(=2)を達成。 (vs.日本ハム)
  • 1984年10月22日 Happy Birthday!! 浅尾拓也(中日) 33歳
コラム COLUMN

もしも清宮幸太郎の体格が“規格外”ではなかったら

金沢 慧

“規格外”の体格を誇る清宮幸太郎

・身長184cm、体重101kg、右投左打の一塁手
・高校通算107本塁打、甲子園での最高成績は1年夏のベスト4
・リトルリーグ時代に世界一を経験
・父親は日本ラグビー界の名将・清宮克幸氏
 約2年半の間、高校野球の話題の中心に居続けた早稲田実の清宮幸太郎。そのプロフィールを4行で書くとこのような感じだろうか。
 リトルリーグで世界一になった東京北砂時代、すでに183cmの身長があったという清宮。7月30日の西東京大会決勝・東海大菅生戦で敗れ、甲子園へと続く高校野球の舞台からは卒業することになったが、その規格外の体格から放たれる放物線はこれまで多くのアマチュア野球ファンを魅了してきた。

清宮の体格はどのくらい規格外なのか?

 では、清宮の体格は他の球児と比べてどのくらい規格外なのだろうか。上の図は間もなく始まる第99回全国高等学校野球選手権大会に出場する選手の身長、体重を表した図だ。あくまでも「公称」の身長、体重のデータではあるが、ご覧の通り清宮は他に比べて右上に位置しており、平均的には174cm、72kgという甲子園球児の中では規格外であることが分かる。


 次に、清宮の体格をプロ野球選手(NPB)と比較してみると…

――この記事の続きは「BASEBALL GATE」でご覧ください。