TODAY'S HOT
  • 1996年7月14日 巨人が球団通算6500本塁打を達成。 (vs.横浜)
  • 1994年7月14日 永池恭男(横浜)が1試合遊撃手刺殺セ・リーグ最多記録(=8)を達成。 (vs.阪神)
  • 2012年7月14日 高橋由伸(巨人)が通算100死球を記録。 (vs.中日)
  • 2006年7月14日 愛敬尚史(楽天)が1試合最多与死球(=3)を記録。 (vs.オリックス)

プロ野球ドラフト会議 2014

1023[木]開催

終了しました MENU を開く

D 中日指名選手一覧

1位 野村 亮介 ノムラ リョウスケ

契約状況

10月24日、神奈川・横浜市の同社で指名あいさつを受けた。11月29日、神奈川・横浜市のホテルで契約金1億円(出来高5000万円)、年俸1500万円(金額は推定)で仮契約を結んだ。12月11日、愛知・名古屋市内で入団発表を行った。背番号は「20」。

満年齢 21歳 身長/体重 187cm / 85kg 投打 右投げ右打ち
経歴 静清高-三菱日立パワーシステムズ横浜
コメント

187センチの長身から最速149キロの速球を投げ込む、完成度の高い右腕。長身ながら、スリークオーターからコンパクトな腕の振りで低めにボールを集める。 ※中日による静岡県出身者の1位指名は2013年の鈴木翔太(聖隷クリストファー高)に続き2年連続。

2位 浜田 智博 ハマダ トモヒロ

契約状況

10月27日、福岡市の同大で指名あいさつを受けた。11月23日、福岡市のホテルで契約金7000万円、年俸1000万円(金額は推定)で仮契約を結んだ。12月11日、愛知・名古屋市内で入団発表を行った。背番号は「47」。

満年齢 22歳 身長/体重 183cm / 75kg 投打 左投げ左打ち
経歴 宮崎工高-九産大
コメント

緩急で勝負する長身の技巧派左腕。球の出どころが見えづらい特徴的なフォームで打者を幻惑する。3年秋には大瀬良大地(現・広島)と投げ合い、勝利した。 ※中日が大卒左腕を指名したのは2010年の大野雄大(佛教大)以来。

3位 友永 翔太 トモナガ ショウタ

契約状況

10月29日、都内の同社で指名あいさつを受けた。11月21日、都内のホテルで契約金5500万円、年俸1000万円(金額は推定)で仮契約を結んだ。12月11日、愛知・名古屋市内で入団発表を行った。背番号は「1」。

満年齢 23歳 身長/体重 170cm / 74kg 投打 右投げ左打ち
経歴 東海大相模高-国際武道大-日本通運
コメント

小柄ながらパンチ力を秘めた攻撃的外野手。2014年の都市対抗では新日鉄住金かずさマジックの補強選手に選ばれ、2回戦で2打席連続適時打を放つ活躍。 ※東海大相模高出身の友永。高校時代は巨人・大田泰示と同級生。1学年上に巨人・菅野智之がいた。

4位 石川 駿 イシカワ シュン

契約状況

10月28日、神奈川・川崎市の同社野球部クラブハウスで指名あいさつを受けた。11月19日、神奈川・横浜市のホテルで契約金5000万円、年俸1000万円(金額は推定)で仮契約を結んだ。12月11日、愛知・名古屋市内で入団発表を行った。背番号は「9」。

満年齢 24歳 身長/体重 178cm / 82kg 投打 右投げ右打ち
経歴 北大津高-明大-JX-ENEOS
コメント

明治大時代はケガに泣いたが、2013年の都市対抗で3本塁打の活躍。チームの連覇に貢献し、自身も若獅子賞に輝いた。積極的な打撃が最大の持ち味。 ※北大津高出身の選手が指名されたのは2004年の中西健太(北大津高→ダイエー)以来。

5位 加藤 匠馬 カトウ タクマ

契約状況

10月29日、神奈川・相模原市の同大野球部合宿所で指名あいさつを受けた。11月16日、都内のホテルで契約金3500万円、年俸800万円(金額は推定)で仮契約を結んだ。12月11日、愛知・名古屋市内で入団発表を行った。背番号は「39」。

満年齢 22歳 身長/体重 175cm / 74kg 投打 右投げ右打ち
経歴 三重高-青学大
コメント

遠投120メートル、二塁送球1.8秒をマークする強肩捕手。三重高(三重)3年時に出場したセンバツでは、1試合で3度盗塁を刺す離れ業を見せた。 ※中日が大卒捕手を指名したのは2012年の杉山翔大(早稲田大)、2013年の桂依央利(大阪商業大)に続き3年連続。

6位 井領 雅貴 イリョウ マサタカ

契約状況

10月28日、神奈川・川崎市の同社野球部クラブハウスで指名あいさつを受けた。11月19日、神奈川・横浜市のホテルで契約金4000万円、年俸1000万円(金額は推定)で仮契約を結んだ。12月11日、愛知・名古屋市内で入団発表を行った。背番号は「26」。

満年齢 24歳 身長/体重 174cm / 82kg 投打 右投げ左打ち
経歴 桐蔭学園高-JX―ENEOS
コメント

柔らかいバットコントロールでヒットを量産する外野手。体はさほど大きくないが脚力が抜群、強肩も兼ね備えており、3拍子そろった活躍が期待できる。 ※中日が同一チーム(JX-ENEOS)から2人を指名したのは2013年の桂依央利、橋爪大佑(大阪商業大)に続き2年連続。

7位 遠藤 一星 エンドウ イッセイ

契約状況

10月30日、都内の同社野球部クラブハウスで指名あいさつを受けた。11月13日、都内のホテルで契約金5000万円、年俸1000万円(金額は推定)で仮契約を結んだ。12月11日、愛知・名古屋市内で入団発表を行った。背番号は「23」。

満年齢 25歳 身長/体重 182cm / 78kg 投打 右投げ左打ち
経歴 駒場学園高-中大-東京ガス
コメント

総合力に優れた遊撃手。特に守備力は中央大時代から評価が高く、社会人になりさらに安定感が増した。打っても2014年の都市対抗では3番打者として活躍した。 ※東京ガスの野手が指名されたのは2004年の片岡易之(西武)以来。

8位 山本 雅士 ヤマモト マサシ

契約状況

11月11日、徳島市の所属チームで指名あいさつを受けた。同日、契約金1500万円、年俸600万円(金額は推定)で仮契約を結んだ。12月11日、愛知・名古屋市内で入団発表を行った。背番号は「51」。

満年齢 19歳 身長/体重 173cm / 78kg 投打 右投げ左打ち
経歴 安芸南高-四国ILplus・徳島
コメント

140キロ台中盤のストレートが魅力の右腕。先発・リリーフをこなせる柔軟さが持ち味で、2014年はチーム最多登板を果たしている。 ※中日が育成を除き8人以上を指名したのは2009年以来。

9位 金子 丈 カネコ タケシ

契約状況

11月7日、大阪・東大阪市の同大で指名あいさつを受けた。同日、契約金1500万円、年俸600万円(金額は推定)で仮契約を結んだ。12月11日、愛知・名古屋市内で入団発表を行った。背番号は「50」。

満年齢 21歳 身長/体重 189cm / 90kg 投打 右投げ右打ち
経歴 大院大高-大商大
コメント

角度のある球を投げる長身右腕。速球と変化球の緩急も絶妙で、3年春は開幕から42回1/3連続無失点を記録し、ベストナイン。同秋はリーグ優勝に貢献した。 ※2013年に指名した3位・桂依央利、育成2位・橋爪大佑と同じ大阪商業大出身。育成ドラフトを除き、中日が高校生を指名しなかったのは2004年以来。

育成 1位 佐藤 雄偉知 サトウ ユウイチ

契約状況

11月6日、球団は社会人野球に進みたいという本人の意思を尊重したため、交渉権を放棄すると発表した。

満年齢 18歳 身長/体重 192cm / 95kg 投打 右投げ右打ち
経歴 東海大相模高
コメント

192センチの長身から投げ下ろす直球と、鋭く落ちるフォークが魅力のパワーピッチャー。勝負どころの制球力に課題を残すも、さらなる成長も期待できる素材型。

育成 2位 石垣 幸大 イシガキ コウダイ

契約状況

11月10日、三重・いなべ市の同校で支度金200万円、年俸300万円(金額は推定)で仮契約を結んだ。12月11日、愛知・名古屋市内で入団発表を行った。背番号は「211」。

満年齢 18歳 身長/体重 180cm / 76kg 投打 右投げ右打ち
経歴 いなべ総合高
コメント

最速146キロの直球と縦のスライダーを武器に三振を奪う本格派右腕。ケガや体調不良などによる不調もあったが、持ち前の素材は一級品で楽しみな存在だ。

育成 3位 藤吉 優 フジヨシ マサル

契約状況

11月4日、熊本・八代市の同校で支度金200万円、年俸300万円(金額は推定)で仮契約を結んだ。12月11日、愛知・名古屋市内で入団発表を行った。背番号は「207」。

満年齢 18歳 身長/体重 180cm / 74kg 投打 右投げ左打ち
経歴 秀岳館高
コメント

社会人野球の名将・鍛治舎巧監督率いる秀岳館の主将。左打席からシュアなバッティングを見せ、3年夏の熊本大会2回戦では逆方向のレフトへ満塁弾を放った。

育成 4位 近藤 弘基 コンドウ ヒロキ

契約状況

11月21日、愛知・名古屋市の同大で指名あいさつを受けた。11月26日、愛知・名古屋市の球団事務所で支度金200万円、年俸300万円(金額は推定)で仮契約を結んだ。12月11日、愛知・名古屋市内で入団発表を行った。背番号は「213」。

満年齢 21歳 身長/体重 179cm / 79kg 投打 右投げ右打ち
経歴 享栄高-名城大
コメント

元中日投手・近藤真市(現・コーチ)の長男。3年春、秋と打率3割を上回る活躍で2季連続ベストナイン。主将となった4年春も3割を超え、敢闘賞を受賞した。 ※父は現・投手コーチの真市。父は1986年に5球団が競合し、抽選の結果中日に入団した。