TODAY'S HOT
  • 1999年6月5日 清原和博(巨人)が通算1000得点を達成。 (vs.横浜)
  • 1991年6月5日 Happy Birthday!! 高梨裕稔(ヤクルト) 29歳
  • 1985年6月5日 広澤克実(ヤクルト)が堂上照からプロ初本塁打を記録。(vs.中日)
  • 2010年6月5日 金子誠(日本ハム)が通算250犠打を達成。 (vs.巨人)
  • 1987年6月5日 Happy Birthday!! 小島脩平(オリックス) 33歳
  • 2010年6月5日 井端弘和(中日)が通算1500安打を達成。 (vs.ロッテ)
  • 2007年6月5日 木塚敦志(横浜)が20試合連続無失点を達成。 (vs.ソフトバンク)
  • 1995年6月5日 Happy Birthday!! ケムナ誠(広島) 25歳
  • 2000年6月5日 Happy Birthday!! 佐藤智輝(楽天) 20歳
コラム COLUMN

丸佳浩 同一リーグFA移籍のインパクト

佐々木 浩哉

首位・巨人の貢献者

 8月に入り、ペナントレースは勝負の夏場を迎えた。セ・リーグの首位を走るのは巨人。各チームが派手な連勝、連敗を繰り返す中で安定した戦いぶりを続け、7月の中盤には6割を超える勝率を記録してペナント争いをリードしている。DeNAや広島が猛烈な追い上げを見せるなど予断を許さないが、5年ぶりのリーグ制覇に向けて着実に歩を進めている状況だ。

 ここまでの巨人の戦いの中で最も目立っているのが坂本勇人だろう。今季はキャリアハイのペースで本塁打を量産し、リーグの本塁打王、打点王の二冠が視野に入る活躍。投に目を向けると移籍3年目を迎えた山口俊がリーグ最速で10勝をマークし、不調に苦しむ菅野智之に代わってローテーションの柱となっている。もし巨人がこのままリーグを制覇した暁には、2人はMVPの有力な候補となるだろう(編集部注・山口は8月1日に右ひじの張りで登録抹消)。

 そして坂本や山口に劣らない働きを見せているのが丸佳浩だ。昨オフに広島からFA移籍した丸は、打っては3番打者、守っては中堅手としてチームに貢献。打撃、守備、走塁などさまざまな角度から選手を評価するWARという指標では、坂本に次ぐチーム2位の4.5を記録(表1)。この数字は控えクラスの選手と比較して、4.5勝のプラスをチームにもたらしたということを示している。今季の巨人が丸を獲得できず控えクラスの選手しか用意できなかったと仮定した場合、現在の貯金13(52勝39敗1分)が貯金4前後まで減っていた可能性がある、といえばその価値の大きさが分かるのではないだろうか。

――この記事の続きは「BASEBALL GATE」でご覧ください。