TODAY'S HOT
  • 2000年7月15日 Happy Birthday!! 宮城滝太(DeNA) 20歳
  • 1997年7月15日 Happy Birthday!! 海野隆司(ソフトバンク) 23歳
  • 1991年7月15日 Happy Birthday!! 今宮健太(ソフトバンク) 29歳
  • 1991年7月15日 Happy Birthday!! 岡大海(ロッテ) 29歳
  • 1988年7月15日 東尾修(西武)が通算4000投球回を達成。 (vs.日本ハム)
  • 1993年7月15日 Happy Birthday!! 吉田正尚(オリックス) 27歳
  • 1936年7月15日 巨人が球団1号本塁打を達成。 (vs.大阪)
コラム COLUMN

2014ドラフト展望~各球団動向編~

Baseball LAB編集部

即戦力投手のニーズが高い今年のドラフト

 ここ数年は即戦力投手の上位指名が各球団の最優先事項となっていたが、今年もその流れは続きそうだ。特に有原航平(早稲田大)と智大(済美高)は複数の1位指名が予想され、彼らの交渉権を獲得すればドラフトはほぼ成功だといえるかもしれない。
 リーグ3連覇を果たした巨人は、密着マークを続けてきた有原の1位指名が最有力。他には、山﨑康晃(亜細亜大)、福也(明治大)といった大学生投手に熱い視線を送っている。昨年は2位以下を高校生で占めたことから、今年は社会人も含めた即戦力の指名が多くなるだろう。
 阪神は10年ぶりのリーグ優勝を目指す上で、即戦力投手の獲得が至上命令。有原に加え、国立の星・田中英祐(京都大)や風張蓮(東農大北海道オホーツク)にも強い関心を寄せる。社会人では髙木伴(NTT東日本)が上位候補に挙げられている。
 広島は地元出身の有原の1位指名が予想されるが、他球団の動向を見極める方針。外れ1位候補に石田健大(法政大)や髙橋光成(前橋育英高)、松本裕樹(盛岡大付高)を挙げるなど、高校生投手に対しての評価も高い。また野手では、淺間大基(横浜高)に注目しているようだ。
 2年連続Bクラスとなった中日はバッテリーの強化が最優先。そのチーム事情から、即戦力投手と捕手の獲得を目指す。投手では山﨑福と石田の両サウスポー、捕手では18U日本代表で主将を務めた栗原陵矢(春江工高)の評価が高い。 
 DeNAは左の先発投手が振るわない現状から、山﨑福を高く評価している模様。その他には、浜田智博(九州産業大)をリストアップしているようだ。また、淺間・髙濱祐仁の横浜高コンビ、宗佑磨(横浜隼人高)といった地元・神奈川の逸材にも熱い視線を送る。
 ヤクルトはリーグ最強打線を形成した一方で、投手陣が崩壊。上位進出を目指す上で、即戦力ピッチャーの指名が最優先だ。有原をトップ評価とするのは不変のようだが、戸根千明(日本大)、横山雄哉(新日鐵住金鹿島)などに1位指名を切り替える可能性もある。

有原を中心に展開されそうな今年のドラフト

 パ・リーグを制覇したソフトバンクは昨年まで3年連続で投手を1位指名。今年も即戦力の先発投手を狙っているようで、有原、山﨑福、石田が有力候補となる。また、地元・九州の清水優心(九州国際大付高)、佐野皓大(大分高)などをはじめ、好素材を積極的に獲得する方針。中村奨吾(早稲田大)もスカウトの高い評価を得ているようだ。
 惜しくも18年ぶりのリーグ優勝を逃したオリックスは一芸に秀でた選手をリストアップ。高校No.1スラッガー・岡本和真(智弁学園高)や宗、栗原を高く評価しているようだ。1位指名は即戦力投手で方針は固まっているが、夢のある球団づくりをしていくためにもスケールの大きなプレーヤーをそろえていきたい。
 日本ハムは有原を1位指名の最有力候補とし、外れ1位に安樂を含む高校生4名をリストアップ。他には、地方リーグの隠れた即戦力左腕を探しているという情報も。風張、斎藤綱記(北照高)など、地元・北海道勢の指名があるかにも注目だ。
 ロッテは即戦力投手と長打力のある内野手が補強の最優先ポイント。1位指名は大学生ピッチャーの可能性が高いが、将来性豊かな松本、最速153キロの剛腕・小野郁(西日本短大付高)ら高校生投手のチェックも欠かさず行っているようだ。そして、同球団所属の兄を持つ髙濱の指名も大いに考えられる。
 西武は投手の獲得を最優先とする方針を公表済み。髙橋を1位候補とし、競合した場合は「ゴッドハンド」で知られる渡辺久信球団本部シニアディレクターに命運を託す。5、6人の指名を見込んでおり、佐野泰雄(平成国際大)や脇本直人(健大高崎高)に照準を定める。
 楽天はチーム創設以来10年連続で投手を1位指名中。今年もその方針は継続されそうで、有原や島袋洋奨(中央大)を中心に即戦力の獲得を目指す。バランスを考慮し2位以降は野手の指名に重点を置くことが予想され、江越大賀(駒沢大)らが有力候補だ。
 一部では「有原ドラフト」といわれるなど、有原を中心に展開されそうな今年のドラフト。1位指名選手の競合が避けられない情勢ではあるものの、昨年は目玉の1人である吉田一将(JR東日本)をオリックスが単独指名したサプライズもあった。駆け引きは活発に行われるだろうが、情報戦を制すのは果たしてどの球団か。当日まで楽しみは尽きない。


Baseball LABでは1位抽選から育成ドラフトの最後まで、ドラフト会議を速報します!

ドラフト会議 TOP